陸上競技部(短距離)の鳥原早貴選手と佐藤大志選手が日本学生対校選手権で優勝


9月9日(金)~11日(日)に熊本県民総合運動公園陸上競技場で開催された「天皇賜杯第80回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)」において、女子400mに出場した本学陸上競技部(短距離)の鳥原早貴選手(教育人間科学部2年)が、54.32のタイムで、男子110mHに出場した佐藤大志選手(理工学部3年)が13.80のタイムでそれぞれ初優勝を飾りました。

鳥原選手は、今大会、足の甲を痛めており、400mの他、200m、4×100m・4×400mリレーにも出場していたため、体力的にも精神的にもとても厳しい大会となりましたが、その中でもコンディションを整え、自己ベストの記録を打ち立てて頂点に立ちました。

一方、佐藤選手は、昨年の同大会4位の悔しさをばねに、勝ちに行く冷静な勝負を展開。自己ベストのタイムには一歩及びませんでしたが、第95回日本陸上競技選手権大会で優勝した選手を抑えての勝利を勝ち取りました。

なお、鳥原選手、佐藤選手以外にも本学の選手は以下の種目で入賞を果たしています。
種目
順位
記録
氏名
女子 200m
4位
25.07
伴野 里緒 (教育人間科学部3年)
女子 100mH
8位
13.93
上田 美鈴 (経済学部3年)
女子 4x100m
7位
46.55
鳥原 有華 (経営学部2年)、伴野 里緒、
鳥原 早貴、小川 梨花 (社会情報学部2年)
女子 4x400m
3位
3:39.34
中村 孝美 (教育人間科学部1年)、伴野 里緒、
鳥原 有華、鳥原 早貴
男子 5000m
8位
14:07.47
出岐 雄大 (社会情報学部3年)
女子400m表彰式にて(鳥原 早貴選手) 男子110mH表彰式にて(佐藤 大志選手)