「全日本大学バスケットボール選手権大会」を制した男子バスケットボール部の優勝報告会開催


12月12日(月)12:40より、青山キャンパスのガウチャー記念礼拝堂前において、「第63回全日本大学バスケットボール選手権大会」を制した本学男子バスケットボール部の優勝報告会が行われました。

本学男子バスケットボール部は、本大会のほかにも「関東大学バスケットボール新人戦」「関東大学バスケットボール選手権大会」「関東大学バスケットボールリーグ戦」といった主要大会を制し、前人未到の2年連続4冠達成という偉業をなしとげました。

嶋田順好学院宗教部長は開会祈祷の中で、「全日本大学バスケットボール選手権大会」決勝戦の詳細な試合展開や選手の活躍ぶりを紹介しました。続いて長谷川健志監督による優勝報告があり、沼田規仁マネージャーによる選手紹介、伊藤駿主将による挨拶の後、伊藤定良学長ならびに井出英人学生部長より祝辞が贈られました。また、これらに対し、仙波憲一男子バスケットボール部部長より謝辞が述べられ、応援団による応援エール、吹奏楽部バトントワリング部の演奏によるカレッジソング斉唱の後、閉会しました。
「優勝報告」長谷川監督
本日は優勝報告会を開催していただき誠にありがとうございます。今年も、「関東大学バスケットボール新人戦」「関東大学バスケットボール選手権大会」「関東大学バスケットボールリーグ戦」「第63回全日本大学バスケットボール選手権大会」のすべてに優勝し、学生日本一の座を獲得するとともに、2年連続4冠を達成することができましたことを報告致します。これもひとえに大学関係者、OBの皆様方、さらに選手のご家族のご支援があったからこその結果だと受け止めております。正月の「全日本総合バスケットボール選手権」では、プロや実業団を相手にこれまで以上の活躍をお見せしたいと思います。
「主将挨拶」伊藤主将
本日はこのような会を開いていただきありがとうございます。自分達は昨年に続き、4つの大会に優勝することを目標に頑張ってきました。2年連続の4冠が達成できて、とてもうれしく思います。正月には「全日本総合バスケットボール選手権」があります。この大会では、さらに高い目標を掲げ、プロチーム撃破をめざし、青学生らしい戦いをしたいと思います。
「祝辞」伊藤学長
この度は、大学学生バスケットボール2年連続4冠達成、誠におめでとうございます。
皆さんの成し遂げた偉業に心から敬意を表したいと思います。2年連続4冠と一言で簡単に言いますが、先輩たちの代と皆さんの代が共に頑張ってきたことで成し得たものだと思います。「3年連続4冠」とは軽々しく言えませんが、青学のバスケットボール部にはますますの高みをめざして挑戦をしていただきたいと思います。
「謝辞」仙波部長
本日は、優勝報告会を開催いただき、誠にありがとうございます。2年連続で、4冠の達成を報告できますことをとてもうれしく思います。日頃選手たちは、大学関係者、OBの皆様方、さらに選手のご家族に支えられながら、厳しい練習に耐えてきました。また、本学のモットーである文武両道をめざし、学業にも力を注ぎつつ、そんな中で勝ち取った4冠はとても価値あるものと思っております。皆さんの目の前に立っているこの選手たちが日本一のバスケットボールのチームのメンバーであることを是非、ここであらためて記憶にとどめていただき、今後もたくさんの応援をいただければと思います。本日はありがとうございました。
優勝報告を行う長谷川監督とバスケットボール部一同