メインコンテンツへ

本学 男子バスケットボール部が第83回 関東大学バスケットボールリーグ戦 1部リーグで優勝

本学男子バスケットボール部が、10/20(土)代々木第二体育館で行われた第83回関東大学バスケットボール1部リーグ戦において日本大学と対戦して、83-69で勝利し、通算成績、13勝1敗で優勝しました。
本学バスケットボール部(男子)の1部リーグで優勝は2年ぶり6回目となります。
最優秀選手賞(MVP)に広瀬健太選手(国際政治経済学部4年)、優秀選手賞に熊谷宣之選手(文学部4年)、荒尾岳(国際政治経済学部3年)、小林高晃(経営学部2年)の3選手が選出されました。
なお、男子バスケットボール部は、今後、11/25(日)~12/2(日)、代々木第二体育館で開催される全日本学生選手権大会に出場します。

【 長谷川健志監督のコメント 】
今年度のリーグ戦は、主力選手の卒業により各大学が拮抗した力で混戦が予想されました。
そのような状況の中、13勝1敗で優勝できたことは各選手の努力はもちろんですが、なによりもスタッフ、選手全員のチームワーク、練習量と質が結果を得た大きな要因だと感じています。
2000年以降リーグ戦において、4回目の優勝はチームの伝統を試合において、全員が表現できるように成長したことであり心から嬉しく思っています。
11月に開催される全日本学生選手権では大会参加校最も少人数のメンバーですが、全力で戦い優勝を目指します。応援、ご協力いただいた大学関係者、学生、卒業生の皆様ありがとうございました。これからもご声援よろしくお願いします
(参考)
本学バスケット部オリジナルサイト
関東大学連盟ウェブサイト
ページトップへ