メインコンテンツへ

本学女子卓球部、阿部・山崎選手ペアが、第74回全日本学生選手権大会、女子ダブルスで優勝、女子シングルスで、大槻選手が第3位に

本学女子卓球部の阿部恵選手(文学部4年)・山崎知春選手(文学部4年)ペアが、10/18日(木)~21日(日)に愛知県体育館で開催された第74回全日本学生選手権大会女子ダブルスの部において優勝しました。
全日本学生選手権大会は、男女別のシングルスおよびダブルスの4部門で行なわれ、前年度の全日本学生選手権大会の上位入賞者と関東や関西などの各学生卓球連盟推薦者および予選通過者によって競われる大会です。阿部・山崎選手ペアは、第73回全日本学生選手権大会で5位に入賞しており、今大会への出場となりました。
今回の第74回大会女子ダブルスは、81ペアが出場していましたが、阿部・山崎選手ペアは、1回戦から順調に勝ち抜き、準々決勝で、朝日大学ペアを3-1、準決勝で早稲田大学のペアを3-0、決勝で愛知工業大学ペアを3-1で下しての優勝となりました。
なお、この女子ダブルスには、女子卓球部の大槻麻奈選手(文学部4年)・代瑞葉選手(文学部4年)ペアも関東地区予選を通過し出場していました。
また、女子シングルスの部には、本学女子卓球部からは、大槻麻奈選手、山崎知春選手、代瑞葉選手、高森夕布(文学部3年)、加藤唯選手(文学部3年)、立岩美季(文学部1年)の6選手が出場し、出場168選手でトーナメント戦を行なった結果、大槻麻奈選手が、第3位に入賞しました。

(参考)
関東学生卓球連盟ウェブサイト
ページトップへ