メインコンテンツへ

第13回「前田純孝賞」学生短歌コンクールにおいて、日本文学科3年の佐藤菜穂子さんが新温泉町教育委員長賞、山本恵さんが神戸新聞社賞を受賞

第13回「前田純孝賞」学生短歌コンクール(主催:兵庫県新温泉町・新温泉町教育委員会・神戸新聞社)において、文学部日本文学科(日置俊次教授ゼミナール所属)3年の佐藤菜穂子さんが新温泉町教育委員長賞、山本恵さんが神戸新聞社賞を受賞しました。

佐藤さんの受賞作品
「恋したね、洗濯物でわかるよ」と母に問わるるピンクのシャツは

山本さんの受賞作品
照れ屋だとわかってるけどたまに会う日は空ばかり見上げてないで

この「前田純孝賞」学生短歌コンクールは、東の琢木(石川啄木)に対して、西の純孝と評された前田純孝(号:翠渓)を冠した栄誉あるコンクールです。
第13回目を迎える今回は、「愛の歌」「青春の歌」「海の歌」のいずれかをテーマに作品募集があり、4,194首の応募がありました。
なお、昨年、一昨年の同学生短歌コンクールでも、日置ゼミナール所属の学生が、新温泉町教育委員長賞等を受賞しています。
(参考)
第13回「前田純孝賞」学生短歌コンクールの審査結果について
第12回「前田純孝賞」学生短歌コンクールの審査結果について
第11回「前田純孝賞」学生短歌コンクールの審査結果について
ページトップへ