メインコンテンツへ

石川莉子さん(理・院博前1年)がヒューマンインタフェース学会第9回学術奨励賞(2008年度)を受賞

理工学研究科理工学専攻知能情報コース博士前期課程1年の石川莉子さんが、ヒューマンインタフェース学会第9回学術奨励賞(2008年度)を受賞しました。
受賞した論文タイトルは「書字訓練におけるボディーイメージ支援技術の開発」で、脳梗塞などで上腕の運動機能に障害を持った方が、字を書くリハビリ訓練をする際の新しい訓練支援技術の開発について書かれたものです。
具体的には、人間が正確な身体動作を行う際に必要とされるボディーイメージ(脳の中にある身体感覚)に着目し、模範を示すトレーナーと訓練者の間で、コンピュータグラフィックスを介してそれをリアルタイムで交換し、正しい運筆パターンを効率よく学習できるというものです。
この研究は、今までの福祉工学におけるリハビリ訓練装置の開発をより進歩させる研究として期待されています。
3/14(水)、工学院大学で行なわれるヒューマンインタフェース学会2008年度通常総会の後、授賞式が行われる予定です。
(参考)
ヒューマンインタフェース学会ウェブサイト
ページトップへ