メインコンテンツへ

秋光純理工学部教授のグループが、高エネルギー加速器研究機構のグループと共同で、2つの異なる超伝導状態が共存する典型物質を発見しました

青山学院大学の秋光純教授のグループが、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所の門野良典教授のグループと共同で、2つの異なる超伝導状態が共存する典型物質を発見しました。

比較的高温で超伝導状態を示すことが知られていた金属炭素化合物について、超伝導状態になる電子の密度の温度依存性を、ミュオンスピン回転法と呼ばれる方法を用いて詳細に測定した結果、1つの物質中で2つの異なる超伝導状態が共存している極めて珍しい「二重ギャップ超伝導」と呼ばれる状態を示す明瞭な証拠を得ました。
これまでに、高温超伝導物質である二ホウ化マグネシウム(MgB2)が、二重ギャップ超伝導状態にあることが明らかにされていますが、今回、新たに二重ギャップ超伝導の状態が発見されたことによって、超伝導現象解明の新たな手がかりになるとともに、事例が少なく謎が多い二重ギャップ超伝導について、その理解が大きく進むものと考えられます。

なお、詳細については、大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構のページをご覧ください。
「大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構」のページはこちら
ページトップへ