メインコンテンツへ

理工学部・電気電子工学科 春山純志准教授らの研究成果が米国物理学会誌Physical Review Lettersおよび読売新聞に掲載されました

7月10日に世界で最も権威ある論文誌の一つである米国物理学会誌Physical Review Lettersに理工学部・電気電子工学科(大学院機能物質創成コース)春山純志准教授(東京大学物性研究所・客員准教授)らの研究「ホウ素を注入したカーボンナノチューブ薄膜における超伝導発見」がOnline掲載されました。また、8月10日読売新聞朝刊科学面にも掲載されました。
春山准教授らは、ノーベル賞候補にもなっている代表的なナノ材料である「カーボンナノチューブ」(直径が1mの10億分の1しかない炭素原子でできたストロー)へのキャリア注入で、温度-261度において電気抵抗がゼロになる超伝導転移を発現させることに世界で初めて成功しました。2年前に春山准教授はやはりPhysical Review Lettersに層状のカーボンナノチューブが超伝導になることを報告し世界的な話題を呼びましたが、今回は一層のみからなるカーボンナノチューブに超伝導の種(キャリア)を供給する不純物としてホウ素を制御しながら含ませたことが特徴であり、ホウ素量が微量である方が超伝導が出現し易いことを発見しました。また、もう一つの特徴はこの単層ナノチューブを集積化して薄膜状にしたことで、これにより取り扱いが容易になり、超伝導トランジスタ、量子コンピュータ、超伝導ナノ配線などへの応用展開の道を開きました。今後構造・条件の最適化によりさらに高温の超伝導が発現することが期待されます。この研究は(独)科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業「高度情報処理・通信の実現に向けたナノ構造体材料の制御と利用」、日本学術振興会・科学研究費補助金基盤研究A「カーボンナノチューブにおける高温超電導の研究」、及び 日中韓フォーサイト事業「サブ10nmワイヤ:その新しい物理と化学」の支援の下で行われました。
ページトップへ