メインコンテンツへ

企業のニーズと大学の研究シーズとのマッチングを実現するかながわ産学公連携推進協議会が発足しました。

 2月18日、パシフィコ横浜にて、かながわ産学公連携推進協議会の発足式が行われました。本学より岡田昌志副学長、辻正重理工学部長が参加し、会長は互選により、横浜国立大学の渡辺慎介副学長・産学連携推進部長が務めることとされました。

 これまで各大学が産学連携活動を独自で展開しておりますが、地元企業からの要請は多岐にわたるため、一つの大学による対応は困難な場合も多くお断りをすることも少なからずありました。また、地元企業にとって大学の敷居は高く気楽に相談し難いことや、どこに相談してよいかも不明なこともあります。このような問題を解決するために複数の大学が連携して地元の企業を支援する体制を作り、地元企業が大学を訪問しなくても協議会に参加する神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市の産学連携支援機関など窓口を通して要請を伝え、協議会が最適の教員を複数の大学から選択して地元企業に紹介する仕組み(総合窓口)を構築するものです。さらに将来は、活動範囲の拡大と新産業の創出への発展を模索していきます。

現在の参加大学および機関:  【大学(産学連携室、リエゾン)】
青山学院大学
神奈川大学
神奈川工科大学
関東学院大学
東海大学
東京工芸大学
武蔵工業大学
明治大学
横浜国立大学
横浜市立大学

【公的産学連携支援機関】
神奈川県産業技術センター
財団法人神奈川産業振興センター
財団法人横浜市企業経営支援財団
財団法人川崎市産業振興財団
財団法人相模原市産業振興財団

【企業団体・企業等】
社団法人神奈川県工業協会
社団法人横浜市工業会連合会
川崎市工業団体連合会
昭和精工株式会社

2009年度の活動概要 : 総合窓口の設置と機能強化、コーディネート活動の推進

会員間の情報共有の仕組み構築と施策提案

情報発信の仕組み構築(データベース、ホームページ、パンフレットなど)

競争資金獲得申請など
ページトップへ