メインコンテンツへ

理工学研究科 渡辺拓人さんがゴットフリード・ワグネル賞2008を受賞

 大学院理工学研究科博士後期課程1年の渡辺拓人さんが、「非接触測定による電流分布推定に関する研究」にて、ゴットフリード・ワグネル賞2008を受賞しました。
 ゴットフリード・ワグネル賞は、豊かな未来のために、イノベーションとイマジネーションに富む優れた研究成果に授与する科学賞で、若手研究者の支援を目的としており、45歳以下の研究者が対象です。
 現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した「環境・エネルギー」、「健康・医療」、「安心・安全」に関する研究の成果が対象となります。
 渡辺さんの研究は、不要な電磁波の波源となる高周波電流に着目し、高周波電流周囲の近傍磁界を測定することで高周波電流の発生箇所を特定する手法に関するもので、この手法を活用し、製品設計の上流段階から不要放射対策を行うことで再設計・再試作の無駄を極力抑えることができ、コストダウン、誤動作防止にもつながります。
 この賞は、ドイツ連邦教育研究省、フラウンホーファー研究機構の後援、ドイツ学術交流会の協力のもとに、日本に縁の深いドイツ人科学者、ゴットフリード・ワグネルにちなみ、テクノロジーを重視するドイツ企業12社と在日ドイツ商工会議所により、特に優れた若手研究者の支援を目的として創設されました。
 本賞は、個人、また組織レベルで日独の交流機会を創出することにより、両国の産学ネットワークの構築と拡大、さらに新たな共同開発プロジェクトへとつながる基盤の確立を意図しています。
ページトップへ