メインコンテンツへ

理工学部電気電子工学科外林准教授と独立行政法人情報通信研究機構の共同研究グループが、超広帯域光伝送システムの動作実証に成功

理工学部電気電子工学科外林准教授と独立行政法人情報通信研究機構は共同で、現在、光通信に利用されている波長帯域の信号と、利用されていない波長帯域の信号を同時に1本の光ファイバで伝える光伝送システムを構築し、世界最長級の光伝送距離で動作を実証しました。
この技術は、光通信の周波数帯域の拡大に貢献し、今後、大容量で自由度の高い光通信ネットワークの構築等に役立つことが期待されます。
本学の外林准教授は、本プロジェクトの企画から実施までを担当しました。
(本件に関する報道発表)
超広帯域光伝送システムの動作実証に成功
         ~光通信のための新しい光周波数資源開拓の端緒を開く~

ページトップへ