メインコンテンツへ

第4回チアリーディング アジア インターナショナルオープン チャンピオンシップでチアリーディング部が規定演技1位を獲得

5月15日・16日に国立代々木競技場第一体育館において、「第4回チアリーディング アジア インターナショナルオープン チャンピオンシップ」が開催され、出場40チーム中、本学チアリーディング部REESES(リーセス)は規定演技で1位を獲得しました。チアリーディングでは、大会の規模等に応じて、自由演技のみ実施する競技会と、自由演技とともに規定演技の実施が要求される競技会がありますが、本大会では中学校から社会人チームまでのチームが一堂に会し、アジアからも複数のチームが参加し、両方の演技種目が実施されました。

本学チアリーディング部REESESは過去、日本選手権大会では規定演技で三連覇を達成したことがありますが、本大会では初めてのことです。残念ながら総合の順位では9位となり入賞を逃しましたが、6月5日に開催される関東大会(全日本選手権地区予選)での活躍が期待される結果となりました。なお、総合順位、規定演技の上位3チームは、下記のとおりです。

総合順位:第1位 梅花女子大学、第2位 帝京大学、第3位 桜美林大学
規定演技:第1位 青山学院大学、第2位 梅花女子大学、第3位 桜美林大学

4基の同調性で会場を湧かせたスコーピオン
最後の大技を華麗に決めた
ページトップへ