メインコンテンツへ

東海幹夫経営学部教授が、平成22年度「情報通信月間」総務大臣表彰を受賞

東海幹夫経営学部教授が、平成22年度「情報通信月間」総務大臣表彰を受賞しました。この「情報通信月間」総務大臣表彰は、情報通信の発展に関して、その功績が顕著な個人及び団体に贈られる賞です。

「情報通信月間」は、1985年に情報通信の普及・振興を図ることを目的として設けられ、この期間中、全国各地で情報通信に関する様々な行事を実施していく中で情報通信について国民に周知・啓発を図っているものです。

東海教授は、長年にわたり、情報通信審議会委員及び同会電気通信事業政策部会長などを歴任し、また次世代ネットワークへの移行期に、電気通信事業における会計制度の在り方に関する研究会などの座長として、接続ルールをはじめ数多くの情報通信政策に関する調査審議及び提言の取りまとめに寄与しました。情報通信の一層の発展に多大な貢献をしたことが認められ、表彰をうけることになりました。

2010年6月1日(火)帝国ホテルにて授賞式が行われました。
(参考)
総務省サイト「情報通信月間」関連ページ
ページトップへ