メインコンテンツへ

東都大学野球で1部復帰を決めた硬式野球部が大学執行部に結果報告を行いました

昨秋季東都大学野球で2部に降格した本学硬式野球部は、6月7日(月)、立正大学との1・2部入替戦に勝利し、7ヶ月ぶりとなる1部復帰を果たしました。
試合終了後、本郷茂部長(経済学部教授)、河原井正雄監督、善波厚司コーチ、そして井上一哉大学野球部OB会会長らが大学執行部を訪ね、入替戦の結果報告を行うとともに、すべての入替戦の応援に駆けつけた伊藤定良学長に対し感謝の意を伝えました。

【 伊藤学長のコメント 】
1部に昇格できて本当によくやりました。選手たちの活躍に感謝します。2部に降格して7ヶ月間。選手たちは精神的につらかったと思いますが、本当によくがんばってくれました。大学では、箱根駅伝出場、バスケット部優勝、そして野球部の1部昇格と活躍が続いてますが、ほかの部にもいい影響を与えてくれると思います。神宮球場で3日間にわたって在校生、保護者、校友など応援いただいた皆様に感謝申し上げます。これからも青学スポーツの応援をよろしくお願いいたします。
伊藤学長に入替戦の報告を行う河原井硬式野球部監督ら
入替戦を観戦する伊藤学長他大学・学院執行部
ページトップへ