メインコンテンツへ

男子バスケ部 創部80周年記念イベント「OBとの交流戦」が開催されました

OBとの交流戦
6月12日(土)、青山キャンパス・青山学院記念館において、本大学バスケットボール部創部80周年を記念して、男子バスケットボール部現役選手と、本大学出身で、JBL(Japan Basketball League)で活躍するOBの選手の方々との交流戦が行われ、1,321名の観戦者の前で、まさに日本のバスケットボール界を牽引する選手たちの技とスピードとバスケットボールの魅力が披露されました。

この日のために駆けつけてくれたOBの選手たちは、総勢で17名。日本の大学の中で一番多くのプロ選手を輩出する本学ならではのイベントとなりました。迎え撃つは、今年、京王電鉄杯4連覇、関東大学選手権で2年ぶりに王者に返り咲いた現役選手たち。OB・OGなどの関係者、大勢のファンの方々、そして彼らを育てあげた長谷川健志監督らが見守る中、一進一退の攻防が繰り広げられました。ファンサービスにと、OBの選手が見せ場を作って盛り上げてくれる場面もありました。結果は103-88でOB連合チームの勝利。ハーフタイムでは、一般観戦者とのミニゲームや、現役・プロともに技を競い合ったり、試合経過の実況をMCのクリスさんが盛り上げてくれるなど、充実した楽しい時を観戦に訪れた人々に提供してくれました。

試合終了後、今年の4月でプロを引退した小宮邦夫選手(アイシンシーホース)の引退セレモニーも行われ、長谷川監督より花束が贈呈されました。最後に、会場に集まった多くのファンの方々に向け、長谷川監督からお礼の言葉が述べられた後、現役・プロの全選手たちは観戦者への感謝を込めて、会場を一周し、幕を閉じました。

 
  終始、リラックスした表情の長谷川監督
(左から2人目)
ハーフタイムでは、現役選手も技を披露 試合後、挨拶する長谷川監督
小宮選手が宙に舞った 観戦者の皆さんへ感謝を込めて
記念祝賀会
18時からは、会場をアイビーホールに移し、80周年記念祝賀会が開催され、今日、試合に参加したプロで活躍する選手たちをはじめ、歴史を紡いできたOB・OGが多数参加して行われました。有馬一宇OB会副会長による開会祈祷の後、同部部長で体育会会長でもある仙波憲一教授(国際政治経済学部長)による式辞、宮田奎治OB会長による式辞、そして伊藤定良大学長による祝辞が述べられました。江場哲哉全日本大学バスケットボール連盟会長より乾杯のご発声をいただき、歓談のひと時を過ごしました。その後は、功労者表彰やカレッジソング斉唱などが行われ、最後に川嵜純実行委員長(OB)より謝辞が述べられ、記念すべき祝賀会は閉会となりました。

現役の選手たち、そしてプロリーグで活躍する選手の皆さんへの皆様の熱い声援をこれからもお願いいたします。

式辞:仙波部長 式辞:宮田OB会長 祝辞:伊藤学長 乾杯:江場様
「OBとの交流戦」に参加したOB All-Star TEAMの皆さん(敬称略)
アイシンシーホース
小宮 邦夫
東芝ブレイブサンダース
佐藤 賢次
トヨタ自動車アルバルク
岡田 優介、正中 岳城、
熊谷 宜之、荒尾 岳、小林 高晃
パナソニックトライアンズ
青野 文彦、広瀬 健太、渡邊 裕規
日立サンロッカーズ
山田 哲也、佐藤 稔浩、大屋 秀作
三菱電機ダイヤモンド
ドルフィンズ
佐藤 託矢
リンク栃木ブレックス
竹田 謙
ビッグブルー東京(JBL2)
岩本 真史
アイシンAW(JBL2)
鈴木 鉄夫
ページトップへ