メインコンテンツへ

「平成22年度 神奈川県女性の理工系進路選択支援事業」の一環として、本学理工学部が、県立藤沢清流高校において「出張交流会」を実施します

「平成22年度神奈川県女性の理工系進路選択支援事業」の一環として、本学理工学部では、9月22日(水)県立藤沢清流高校において「出張交流会」を実施します。
「神奈川県女性の理工系進路選択支援事業」とは、神奈川県が、女性の進出が少ない科学技術の分野において、中学生・高校生が、本人の適性と意欲を生かした広い可能性のなかで進路選択ができるよう支援するものです。実際の取り組みとして、県と県内大学が連携・協力し、理工系で学ぶ女子大学生などが講師となり、中学生・高校生を対象に、セミナー等を開催しています。
本学では、毎年、「高等学校への出張交流会」を実施し、女子学生・大学院生の視点から、理工学部での勉学や研究、クラブ活動などの大学生活を紹介し、高校生からの質問に答えています。本年度の訪問校である藤沢清流高校には、橋本広美さん(理工学研究科博士前期課程1年・原田実研究室)が参加する予定です。
2009年11月には、同事業の取り組みとして、本学理工学研究科より2名の女子大学院生が、県立相武台高等学校において出張交流会を行っています。

ページトップへ