メインコンテンツへ

バドミントン部 女子部が第61回全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)団体戦で優勝しました

本学バドミントン部 女子部が、10/16(土)~17日(日)に東京体育館にて開催された第61回全日本学生選手権(インカレ)団体戦において、2001年以来9年ぶり、4度目の団体戦優勝を飾りました。
全日本学生選手権(インカレ)団体戦は、ダブルス2組、シングルス3名で競われ、東日本・西日本学生バドミントン選手権大会ベスト8以上の大学および地区学生バドミントン連盟に推薦された大学32校に出場資格が与えられます。
本学は、8月29日(日)~9月5日(日)にかけて行われた東日本選手権でベスト8に入り出場権を得ていましたが、東日本選手権後、鍛練を重ねた結果、全日本学生選手権で日本一に輝きました。
なお、団体戦メンバーは、シングルス:本間ちさと(経済学部第二部経済学科4年)、中原唯衣(経済学部経済学科4年)、中森理紗(女子短期大学家政学科2年)、石井那実(文学部フランス文学科3年)、ダブルス:中原唯衣・神田織恵(社会情報学部社会情報学科2年)、本間ちさと・加藤祥子(経済学部経済学科3年)、岡本麻菜美(社会情報学部社会情報学科3年)・中森理紗、石井那実・本間美穂(女子短期大学英文学科2年)です。

女子部 団体戦写真集
チーム全員で掴んだ栄冠
バドミントン部女子部および稲積部長、一寸木女子監督、高橋コーチ、久家コーチ、相田コーチ、チーム青学の面々
【 一寸木 邦夫監督のコメント 】
本年度最後の大きな試合でもある大学選手権を控え、チームはいま一歩の状態で迎えたため正直な気持ち、ベスト4に届けばとの想いがありました。
試合は、2回戦からの強豪チームとの対戦をいずれも3-2でものにでき、また、半分以上の試合がファイナルゲームと、その接戦を勝ち切れたことが優勝につながったと思っております。
さらに、対戦校毎にヒーローが変わるというまさに一人ひとりの力を結集できたことが一番の勝因だったと考えます。
これは、14名いる部員全員が8名の登録メンバーの練習、試合に集中出来る環境を作ってきたことが普通のチームを日本一に押し上げたと最も誇りに感じております。
また、東京開催ということもあり日頃からご協力いただくOB・OGに加え、たくさんの青学バドミントンチームを応援いただく学内外の方々、部員のご父兄など全員の想いが重なった結果と喜びもひとしおです。ありがとうございました。
(参考)
本学バドミントン部オリジナルサイト
ページトップへ