メインコンテンツへ

陸上競技部(短距離ブロック)上田美鈴選手が日本ジュニア陸上競技選手権大会で優勝しました

10月15日(金)~17日(日)に名古屋市瑞穂公園陸上競技場で行われた第26回日本ジュニア陸上競技選手権大会において、女子100mハードルに出場した本学陸上競技部(短距離ブロック)の上田美鈴選手(経済学部経済学科2年)が、13秒73のタイムで見事優勝を果たしました。上田選手の今後のますますの活躍が期待されます。

写真提供
陸上競技部(短距離ブロック)
【 上田 美鈴選手のコメント 】
私は今までずっと日本一になることを目標にしてきたのですが、なかなか全国大会で優勝することができませんでした。しかし今回、このような結果を残すことができ、大変嬉しく思っています。今回優勝できたのも、家族、先生方、陸上競技部のみんな、応援してくださるたくさんの方々の支えがあったからこそだと思います。本当に感謝しています。これからも、さらに上を目指して日々頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。

【 陸上競技部 短距離ブロック 安井年文監督のコメント 】
前年のインターハイ上位者、本年のインターハイ上位者を100分の1秒差で制しての優勝は価値のある優勝だったと思います。部内での競争で調子を崩したときもありましたが、うまく調子を上げて試合に臨んでくれました。来年開催予定のユニバーシアードを目指してシーズンの締めくくりをしてくれたので、今後、本学OGの城下麗奈選手の日本学生記録の更新を目指してもらいたいと思います。

(参考)
本学陸上競技部(短距離ブロック)オリジナルサイト
ページトップへ