メインコンテンツへ

理工学研究科博士前期課程1年の宮本和哉さんが神奈川県ものづくり技術交流会でポスター賞を受賞しました

10月13日(水)~15日(金)、神奈川県海老名市の神奈川県産業技術センターにて、神奈川県ものづくり技術交流会が開催され、本学大学院理工学研究科博士前期課程1年の宮本和哉さんがポスターセッションの部で、ポスター賞を受賞しました。宮本さんのポスターのタイトルは「ノイズ抑制シートの温度変化に対する伝送減衰率の評価方法」で、電子機器や通信機器からの不要放射を抑制するノイズ抑制シートの温度変化に対するノイズ抑制効果の評価方法について報告したものです。

この会は、各分野で得られた研究・技術開発成果の発表などを通して、産学官の連携と交流を促すために開催されており、発表者は、企業、理工系大学、公設試験研究機関等の技術者、研究者です。宮本さんの受賞したポスター賞は、わかりやすく見やすい優れた内容のポスター発表に与えられる賞で、若手研究者(修士課程以上)のポスター発表総件数79件の中から選出されました。
指導教授の橋本修教授(左)と宮本さん(右)
(参考)
平成22年度 ものづくり技術交流会 発表要旨集
ページトップへ