メインコンテンツへ

第87回箱根駅伝、本学は、復路5位、総合9位の成績でゴール。2年連続でシード権を獲得しました

1月3日(月)、第87回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)復路が開催され、本学は復路5位(復路タイム:5時間35分27秒)、総合9位(総合タイム:11時間13分20秒)の成績でゴールテープを切り、2年連続でシード権を獲得しました。
トップからは13分29秒差、シード圏外の11位とはわずか6秒差のゴールでした。

午前8時00分、路面に薄らと雪が積もる中、箱根・芦ノ湖から復路109.9キロ、5区間にわたる戦いが始まりました。

山下りの6区(20.8km)を託されたのは、昨年も6区で区間7位の実績を残している小川恭正選手(国際政治経済学部4年)です。小川選手は、路面がぬれ、滑りやすくなっている坂道にもひるまず、猛スピードで駆け下り、ひたすら前を走る選手を追いかけました。その結果、6区を区間5位の好成績で走破、順位も2つあげ、総合14位で7区にたすきをつなぎました。シード権が与えられる10位から1分34秒あった差を50秒にまで縮め、ここから本学の追撃が開始されました。

7区(21.3km)を任されたのは、スピードがあり、堅実な走りをする川村駿吾選手(法学部3年)です。川村選手も、細かなアップダウンの続くコースを区間7位の気迫の走りで追走。14位でもらったたすきを一時12位まで引き上げ、13位で平塚中継所(8区)に運びました。この時点で、10位との差は38秒。前との差を確実に縮め、次の走者に託しました。

8区(21.5km)を走るのは、アップダウンにも強く、我慢強い走りが特徴の小嶺篤志選手(法学部2年)です。小嶺選手は、前半は平坦、後半は坂が続くコースを遊行寺の坂(15.9km付近)まで我慢の走りで乗り切り、戸塚中継所(9区)の前、18kmすぎで12位に浮上。中継所では、シード権まであとひとつの11位まで順位をあげ、9区の選手にたすきを渡しました。なお、戸塚中継所の時点で、10位との差は、33秒でした。

復路の最長区間である9区(23.2km)を任されたのは、単走でも押し切れる小林剛寛選手(社会情報学部3年)です。小林剛寛選手は、スタートから想定以上のタイムで走り、前の選手との差を急速に縮めていきました。途中、必死で追いかけるもなかなか差が縮まらず、我慢の時もありましたが、20km過ぎにシード権が与えられる10位に浮上。鶴見中継所に区間4位の好タイムで駆け込み、11位に21秒の差をつけ10区のアンカーにたすきを託します。

最終区間、本学にとって来年、箱根駅伝に出場できるかどうかが決まる10区(23.1km)を託されたのは、4年生にして初めてで最後の箱根となる主将の小林駿祐選手(法学部4年)です。小林駿祐選手は、13km過ぎに前を行くチームに追いつき、9位に浮上するも後続のチームの追い上げを受け、5チームの集団でゴールを目指すことになります。その後、8位のチームを吸収し、ゴール直前まで4チームの集団で並走を続けましたが、ゴール直前、各校がラストスパートをかける中、チーム全員の願いを力にかえ、シード圏内の9位でゴールテープを切りました。今回のようなゴール直前での熾烈なシード権争いは、箱根駅伝の歴史に残る光景でした。

沿道に出向いて応援してくださった方々、テレビやラジオの前で応援してくださった方々に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

* 原晋監督のコメント
僅差のシード権争いを制し、総合9位でゴールできました。これも多くの方のご声援があってこそです。順位こそ目標の3位には及びませんでしたが、総合タイムは昨年よりも大きく伸ばすことができました。
来年の箱根駅伝はさらに上位を目指し、選手とともに力を尽くして参ります。
どうかご期待ください。
劇的な9位でのゴール、すべての力を出し切りました!
山を一気に駆け下りる
6区 小川 恭正選手
力走する 7区 川村 駿吾選手
必死で前の選手を追いかける
8区 小嶺 篤志選手(*)
シード権をたぐりよせた
9区 小林 剛寛選手
ラストスパートをかけシード権を勝ち取った
10区 小林 駿祐選手
写真提供: (*)陸上競技部 横山 拓也選手 保護者
【 復路結果・総合成績 】
区間
選手名
上段:区間記録(区間順位) / 下段:復路総合記録
上段:往路からの総合順位 /
下段:往路からの総合記録
6区(20.8km)
箱根~小田原
小川 恭正
1時間00分05秒(5位)
1時間00分05秒
14位
6時間37分58秒
7区(21.3km)
小田原~平塚
川村 駿吾
1時間05分12秒(7位)
2時間05分17秒
13位
7時間43分10秒
8区(21.5km)
平塚~戸塚
小嶺 篤志
1時間07分16秒(10位)
3時間12分33秒
11位
8時間50分26秒
9区(23.2km)
戸塚~鶴見
小林 剛寛
1時間10分52秒(4位)
4時間23分25秒
10位
10時間01分18秒
10区(23.1km)
鶴見~大手町
小林 駿祐
1時間12分02秒(13位)
5時間35分27秒
9位
11時間13分20秒
(参考)
第87回箱根駅伝、本学は、往路16位でゴール
本学陸上競技部オリジナルサイト
箱根駅伝公式サイト
ページトップへ