メインコンテンツへ

青山キャンパス

全て授業期間中に実施します。各講座の実施場所は、宗教センター(間島記念館1階)でご確認ください。
参加申し込みは宗教センターで随時行っています。途中からでも参加は可能です。

聖書に親しむ会

English Bible Study: The Gospel of John

シェロ マイク(学院宣教師・大学宗教主任)

月曜日 12:40~13:10

We will study the Gospel of John In English looking for wisdom for daily life and strength for our faith journeys.

たとえ話と神の国

伊藤 悟(大学宗教部長)

火曜日 12:40~13:10

イエスは神の国の福音を伝える方法として、しばしばたとえ話を用いました。聖書の福音書には数多くの興味深いたとえ話が記されています。毎回いくつかのたとえ話を取り上げて語り合い、学び合いながら、イエス・キリストの示された神の国をより明らかにしていこうと思います。みんなで一緒に楽しく聖書を学んでみませんか。キリスト教初心者も大歓迎です。昼食持参でお集まりください。

ゆっくり読もう マタイの福音

塩谷 直也(大学宗教主任)

火曜日 12:35~13:05

イエスとはどんな方だったのか?はじめての人、久しぶりの人にも分かりやすく、ゆっくり、迷いながら読んでいきましょう!いつからでも参加可能。いつでもやめられます。

イエス・キリストって誰?

森島 豊(大学宗教主任)

水曜日(隔週) 12:35~13:05

せっかくキリスト教大学に来たのだから、聖書に少し触れてみたいという方、初めて聖書に触れる方も遠慮なくいらしてください。そもそもイエスという名前誰がつけたの?キリストって名前?苗字?などなど、そもそもの疑問の答えがわかる聖書の言葉を味わいます。これぞキリスト教入門。
お弁当を持って是非いらしてください(^^)/。

聖書の有名な言葉を覚えよう

西谷 幸介(大学宗教主任)

木曜日 12:30~13:20

毎週、旧・新約聖書の中から交互に一書を選び(たとえば今週は旧約の「イザヤ書」、来週は新約の「ルカ福音書」というふうに)、自分の好きな聖句(=聖書の言葉)をみんなに紹介して、感想を述べ合います。「このやり方って面白いねぇ」、「みんなの話が聞けてうれしいな」というのが、先輩たちの感想です。みなさんの参加をまっています。先輩たちがやさしく迎えてくれます。

Gospel Lunch

シュー土戸 ポール(学院宗教部長・大学宗教主任)

金曜日 12:40~13:10

昼食の時間を共にしながら、ゴスペル音楽と聖書の面白さを楽しめる会です。聖書が中心的なテキストになりますが、英語と日本語両方で行います。特にゴスペル音楽やゴスペル・クワイアに関心の方を募集しています。昼食持参でどうぞ。

イチから知りたいヨハネ福音書

大島 力(大学宗教主任)

金曜日 12:40~13:10

ヨハネ福音書は、イエス・キリストの生涯を記している四つの福音書のひとつです。
大きな特徴は、『初めに言があった』という文章で始まり、イエス・キリストをすべてのことの原点であると明確に語っていることです。そして、ストーリーにおいて、様々な人々とイエスとの出会いを生き生きと伝えています。昼食を取りながら、少しずつ読んでいきましょう。

パウロの生涯

髙砂 民宣(大学宗教主任)

金曜日(後期) 12:45~13:15

現在、世界で最も多くの信者を擁するキリスト教。しかしキリストの福音は最初、ユダヤ人に伝えるに留まっていました。そのキリスト教が、世界宗教へと発展する手掛かりを作ったのがパウロです。彼は以前、キリスト教徒を迫害していました。けれども、ダマスコ途上で啓示を受けることにより、回心してキリスト教を宣べ伝える者となります。そのパウロが歩んだ劇的な生涯や彼の神学について、聖書を読みながらゆっくりと学んで行きましょう。昼食持参でどうぞ。

キリスト教文化に親しむ会

Praise and Worship ランチ

シュー土戸 ポール(学院宗教部長・大学宗教主任)

火曜日 12:40~13:10

火曜日の夕礼拝に学生を中心とするコンテンポラリー礼拝(現代的な音楽や様々な楽器を用いた新しいスタイルの礼拝)が行われています。この会では、コンテンポラリー礼拝について一緒に考えて、ディスカッションをし、そして一緒に賛美します。

児童文学を通して心の世界を探る~宮沢賢治、サン=テグジュペリ、ミヒャエル・エンデ~

大島 力(大学宗教主任)

火曜日(前期) 12:40~13:10

子ども向けに書かれた児童文学は、それぞれの社会や文化の基本に触れる内容もっています。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』は、今も多くの人々によって読み継がれ、キリスト教とも接点があります。また『星の王子さま』や『モモ』は、子どもの目を通して、現代人の心の世界を描いています。一冊の本との出会いが、見えない心の世界を豊かにすることがあります。昼食を取りながら、興味のある本を読んでいきましょう。

100円読書会

塩谷 直也(大学宗教主任)

火曜日 13:15~14:00

中古本で購入価格100円以下の文庫本を使っての読書会。世界の古典を前にしておそれてはならない!1人では読めなくてもみんなとなら読める!?2016年度はオスカー・ワイルド、マルクス、ヘッセを読む予定。

考えてみよう:聖書の物語はどう展開し、なぜ世界の多くの人々を惹きつけるのか

木村 光彦(国際政治経済学部教授)

水曜日 12:40~13:10

昨年度から、中川健一『日本人に贈る聖書のものがたり』(第一巻)を読んでいます。3~4名の参加者があり、今年度も続けて読む予定です。大変わかりやすくまた面白く旧約聖書を学べます。昼食をとりながら、短い時間ですが、楽しく読んでゆこうと思います、新たな参加者を歓迎します。

『キリスト教教理』を読む

髙砂 民宣(大学宗教主任)

水曜日(後期) 12:45~13:15

青山学院の建学の精神の土台を形成するキリスト教。そのキリスト教とは、一体どんな宗教なのでしょうか。イエス・キリストとは誰なのか?聖書には何が書かれているのか?人間とは、どのような存在なのか?「三位一体」とは何か?等々。ロングセラーの永井春子著『キリスト教教理』を読みながら、一緒に学んで参りましょう。昼食持参でどうぞ。

一緒に「青山学院」アプリをつくろう

伊藤 悟(大学宗教部長)

木曜日(隔週) 12:40~13:10

青山学院で学ぶ以上、母校のことをもっと知りたくはありませんか。学院の歴史や現在の様子など青山学院に関する情報、さらにはキリスト教に関する情報を集めて、それらをクイズ形式やゲーム感覚で学べるツールがあるとどうでしょう。アプリ開発は最終到達目標ですが、初心者が集まっていろいろにアイディアを出し合うのも楽しいですね。もちろんアプリ開発に詳しい人がいたらぜひ助けてください。

パスカルを理解しよう

茂 牧人(総合文化政策学部教授)

木曜日(後期) 12:35~13:15

パスカルの『パンセ』を座右の銘にしている人は多いと思います。また、「人間は考える葦である」や「この無限の空間の永遠の沈黙は私を恐怖させる」という言葉は、有名です。今学期は、ジャン・ブラン著、『パスカルの哲学』、クセジュ文庫(白水社)を読んで、彼の哲学の全体像を理解しましょう。そこから本当のキリスト教の姿を見たいと思います。

ベース入門講座

森島 豊(大学宗教主任)

金曜日(前期) 12:40~13:10

大学に入って何か新しいことに挑戦してみたいあなた。ベース入門講座では、15分で一曲できるくらいになります。一学期が終わる頃は、そこそこベースが弾ける人になってしまいます。とっても簡単で、でも奥が深くて、楽しいベース・ギター。まったく触ったことがない人で大歓迎。ぜひ遊びにいらしてください(^^)/

大学案内