メインコンテンツへ

オルガニスト養成講座

キリスト教会と音楽とは歴史的に密接な関係をたどってきました。とくにパイプオルガンは、神を称えるための最高の楽器として、古くから教会の礼拝のなかで用いられてきました。オルガニストは、牧師と共に礼拝をリードして礼拝全体の雰囲気を醸し出し、人々を聖なるものへと導いていくという大事な役割を果たします。

本講座は、2003年に開設されて以来、多くの学生たちが講座をとおして、オルガンの魅力と礼拝という青山学院の建学の精神の源泉に触れてきました。まだ教会生活をしていない人でも、本講座の趣旨を理解するならば、オリエンテーションならびにオーディションを経て、本講座を受講することができます。またとない機会ですから、ぜひふるってお申し込みください。

対象

本学の大学生・大学院生

日時

全15回(通年)
原則として、授業期間中の週1回希望曜日の30分(詳細はパンフレット参照)

場所

キャンパス 場所 使用楽器
青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂 マティス
39ストップ(3段手鍵盤)
相模原キャンパス ウェスレー・チャペル マルクーセン
40ストップ(3段手鍵盤)

講師紹介

飯 靖子の写真

飯 靖子 [Seiko Ii]

飯 靖子

洗足学園音楽大学、ルーテル学院大学、青山学院女子短期大学、拓殖大学非常勤講師、日本キリスト教団霊南坂教会オルガニスト、聖歌隊指揮者、青山学院大学オルガニスト、青山学院女子短期大学オルガニスト、グロリアスコワイア(聖歌隊、ハンドベル)指揮者、日本キリスト教団讃美歌委員会委員、キリスト教放送日本FEBC「主に向かって歌おう」パーソナリティー。

越川 伊豆美の写真

越川 伊豆美 [Izumi Koshikawa]

越川 伊豆美

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。オルガンを秋元道雄、酒井多賀志、高橋靖子の各氏に師事。現在、青山学院大学オルガニスト、同大学オルガニスト養成講座講師。エバンジェリカル・コングリゲーショナル・チャーチ経堂めぐみ教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員。

坂戸 真美の写真

坂戸 真美 [Mami Sakato]

坂戸 真美

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。パリのイスィ・レ・ムリノ国立音楽院オルガン科を審査員満場一致の一等賞を得て卒業。オルガンをH・ピュイグ=ロジェ、ダニエル・ロート、オリヴィエ・ラトリーに師事。1991年、オランダのセザール・フランクオルガンコンクール第2位入賞。青山学院大学オルガニスト、カトリック碑文谷教会オルガニスト。

作井 清雅子の写真

作井 清雅子 [Sugako Sakui]

作井 清雅子

国立音楽大学オルガン科卒業。オルガンを故吉田実、小林英之氏に師事。ピアノを故原口歌子氏に師事。青山学院大学オルガニスト、同大学オルガニスト養成講座講師。日本基督教団高井戸教会オルガニスト、日本オルガニスト協会会員。

堀井 美和子の写真

堀井 美和子 [Miwako Horii]

堀井 美和子

青山学院大学仏文科卒業。東京藝術大学別科(パイプオルガン専攻)修了。コンサートで活躍すると同時に後進の指導にも情熱を注ぐ。現在、青山学院大学及び東京ユニオンチャーチオルガニスト、日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。

松浦 光子の写真

松浦 光子 [Mitsuko Matsuura]

松浦 光子

国立音楽大学卒業、同大学大学院修了、ミュンヘン音楽大学大学院修了。オルガンを、佐野直子、吉田實、E.クラップの各氏に師事。現在、青山学院大学および日本基督教団松沢教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。共訳書に『バッハ=カンタータの世界』(東京書籍)がある。

宗教センターへのお問い合わせ

大学案内