メインコンテンツへ

青山学院大学とキリスト教

青山学院大学は、「青山学院教育方針」に明言されているとおり、「キリスト教信仰にもとづく教育をめざし、神の前に真実に生き、真理を謙虚に追求し、愛と奉仕の精神をもって、すべての人と社会とに対する責任を進んで果たす人間の形成を目的とする」特別な大学です。

つまり、本学の教育が、他の国公立や私立の大学と異なる最もユニークな点は、このキリスト教による教育方針にあると言えます。そのため、本学では毎日礼拝が行われ、「キリスト教概論Ⅰ・Ⅱ」を全学部生に必修とするほか、学内におけるさまざまなキリスト教活動を通じて、学生や教職員がキリスト教信仰の真髄に触れる機会を多く設けています。

さらに近年は、公開講座や講演会、コンサートなどを通して、広く一般市民にもキリスト教大学としての青山学院大学が開かれています。

今年度の主題聖句

「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。」(マタイによる福音書 第20章26~27節)

「Whoever wants to be a leader among you must be your servant, and whoever wants to be first among you must become your slave.」(Matthew 20:26-27)

大学案内