メインコンテンツへ

人材ニーズと学生意識との
格差解消による適職発見支援

事業概要

1,2年次に職業適性検査や進路・就職相談などを催して、学生が早くから将来の進路について考え、進路選択という課題を通して自分を見直し、学生生活の目標を再確認するよう指導する。卒業生による業界の説明会や模擬面接などを通して、学生が社会や企業についての理解を深めるよう図る。就職が決まらずに卒業または早期に離職した卒業生に対しての求人情報を提供するシステムを構築し支援する。また、情報の提供のみならず、情緒面のケアのため常に個別相談対応が可能な体制を整える。3,4年生への就職活動での直接的な支援として、エントリーシートの添削を中心とした就職支援システム、eラーニングとしてのITパスポート導入および独自のPLACEMENT GUIDEを作成し、より多くの学生が受益可能な支援策を講じる。

目的

本事業は、企業等の人材ニーズと学生の職業観との間に存在するギャップの解消を図り、円滑な就職活動の支援に資するため、学生に職業人として求められる資質や能力について業種ごとに具体的に教育する機会を設けるとともに、人材ニーズに対応して自己の能力を表現できる力を培い、職業への満足度を高めることを目的とする。

人材ニーズと学生意識との格差解消による適職発見支援

2010年度実施事業

人材ニーズと学生意識との格差解消による適職発見支援の2010年度実施事業をご紹介いたします。

2009年度実施事業

人材ニーズと学生意識との格差解消による適職発見支援の2009年度実施事業をご紹介いたします。

FAQ大学案内についてよくあるご質問を掲載しております。

大学案内