メインコンテンツへ

データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証

事業概要

今後の我が国のイノベーションを推進するには、新たな課題を自ら発見し、データに基づく数量的な思考による課題解決の能力を有する人材が不可欠です。課題発見と解決のための一つの重要なスキルである「統計的なものの見方と統計分析の能力」は文系理系を問わず必要とされることから、欧米先進国のみならず、韓国や中国においても多くの大学に統計学科が設置され、組織的な統計教育のもとに課題解決能力を有する人材を育成しています。国際競争力の観点からも、我が国でも大学における体系的な統計教育の一層の充実が喫緊の課題です。
本取組では連携大学による「統計教育大学間連携ネットワーク」を新たに組織して、課題解決型人材育成のための標準的なカリキュラムコンテンツと教授法を整備し、さらに統計関連学会及び業界団体等の外部団体を加えた評価委員会による教育効果評価体制を構築することによって、統計教育の質保証制度を確立します。

事業期間

平成24年度~28年度(5年間)

連携校、連携学会等

本事業は、複数の大学・団体で取り組む事業です。連携校および団体は、以下のとおりです。

連携校

東京大学、大阪大学、総合研究大学院大学、青山学院大学(代表校)、多摩大学、立教大学、早稲田大学、同志社大学、滋賀大学*

* 滋賀大学は、平成28年度より加入

連携学会

応用統計学会、日本計算機統計学会、日本計量生物学会、日本行動計量学会、日本統計学会、日本分類学会

連携団体

大学入試センター、日本アクチュアリー会、日本科学技術連盟、日本銀行、日本経済団体連合会、日本製薬工業協会、日本統計協会、日本マーケティング・リサーチ協会

本学取組担当者

青山学院大学経営学部・教授 福井武弘(平成27年度~)
青山学院大学経済学部・教授 美添泰人(平成24年度~26年度)

関連情報

FAQ大学案内についてよくあるご質問を掲載しております。

大学案内