メインコンテンツへ

サイエンス&テクノロジーが切り開く新たな世界

青山学院大学 理工学部経営システム工学科准教授 大内 紀知

青山学院大学
理工学部経営システム工学科准教授
大内 紀知 [Noritomo Ouchi]

データ分析でビジネスが変わる

第5回 2016/7/30(土)

ビッグデータ時代と呼ばれるように、現代は様々なデータがあふれています。また、企業が活用しようとするデータは販売数量のような数値化されたものだけではありません。例えば、消費者がインターネット上でレビューサイトなど書き込んだ文章なども企業にとっては貴重なデータになります。それらの文章の中には、企業が気づいていない消費者のニーズや自社の製品やサービスの問題点が隠れている可能性があるからです。しかも、これらのデータは消費者が無料で書き込んでくれています。貴重な宝が隠されたデータが、お金を払わずにどんどん増えていくのですから、これを活かさない手はありません。

しかし、レビューサイトなどに書かれた何千件、何万件のすべての文章を読もうと思ったら、どれだけの時間がかかるのでしょうか。ちょっと気が遠くなりそうです。ましてや、ちょっと前に読んだ文章ですら忘れてしまう私のような人間には、読んだ全ての文書を覚えておいて、そこから役に立ちそうな共通点を見つけることなどは不可能です。これでは、せっかくの宝の情報が眠ったままになってしまいます。

そんな問題を解決するために「テキストマイニング」と呼ばれる技術が注目されています。テキストマイニングは、文章を単語に分解し、単語の出現回数などを分析することで、膨大な文章の中から有益な情報を見つけ出す技術です。本講義では、テキストマイニングの技術の基本と企業での活用方法を紹介したいと思います。さらに、私共の研究室で進めているテキストマイニングを生かして、読者の印象を反映させた本の表紙を作成する方法や、味覚印象を反映した飲料パッケージの色を作成する方法についてもご紹介いたします。本講義を通じて、データ分析が切り開く新たな世界に触れていただければ幸いです。

プロフィール

青山学院大学 理工学部経営システム工学科准教授
大内 紀知 [Noritomo Ouchi]

東京工業大学工学部経営システム工学科卒業、同大学院社会理工学研究科経営工学専攻修士課程修了、キヤノン株式会社で勤務の後、大学院社会理工学研究科経営工学専攻博士課程修了。株式会社日立製作所生産技術研究所を経て、2010年より青山学院大学理工学部経営システム工学科准教授。博士(工学)。専門分野はデータ分析、イノベーション・マネジメント。

大学案内