メインコンテンツへ

経営学部 教員公募(准教授)(~2018 1/31 郵送必着)

募集人員・応募資格等

募集の趣旨 本学経営学部では、「統計的意思決定論」の担当者として、証拠に基づく経営に資する統計的意思決定の理論的研究を専門とし、機械学習等のAI分野やモデル選択といった領域において理論的・実証的研究を行うとともに、大学院を含む教育・研究指導のできる教員を募集します。特に、アクティブラーニングの指導経験、企業を対象とした研究を通じたデータ分析経験を持つ研究者の応募を期待しています。
職種 准教授
採用人員 1名
担当科目
  1. 経営学部「統計的意思決定論Ⅰ・Ⅱ」および経営学部基礎教育科目
    なお、上記科目担当者は必要に応じて他の経営学部専門科目も担当する場合があります。
  2. 大学院経営学研究科科目
応募資格
(1) 学 歴 
大学院博士課程(博士後期課程)を修了した者、またはこれと同等とみなしうる研究業績のある者、博士の学位を有することが望ましい。
(2) 人 物 
教育者および研究者としての適性がある者。さらに、キリスト者または本学の教育方針に理解のある者。
(3) その他 
教育機関における教育歴がある者。
採用予定日 2019年4月1日

勤務条件等

勤務地 青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷 4-4-25)
待遇 学校法人青山学院就業規則・給与規則による。

応募手続き・選考方法等

提出書類
  1. 履歴書(市販の履歴書使用可、ワープロ可)
  2. 最終学歴の修了(または修了見込)証明書
    〔学位取得済みの場合は学位の名称の記載があるもの〕
  3. 研究業績目録
  4. 主要業績(コピー可)3点とその要約(それぞれ1,500字程度)
  5. 学部担当科目の講義内容(1,500字程度)
    「統計的意思決定論Ⅰ・Ⅱ」を担当した場合を想定して執筆してください。
    (各科目、Ⅰは前期15回、Ⅱは後期15回を想定してください。)
  6. 将来の研究計画(1,500字程度)
  7. アクティブラーニングに係る教育指導経験(1,500字程度)
  8. 企業を対象とした研究等を通じたデータ分析の経験(1,500字程度)
書類(3),(4),(5),(6),(7),(8)はA4用紙で書式自由です。
応募締切 2018年1月31日(水)(郵送必着)
選考方法 書類・業績審査の後、その合格者に対して面接(2018年3月10日予定)を行います。
選考結果については文書で通知します。(郵送)
書類提出先 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷 4-4-25
青山学院大学 学務部教務課 気付
          経営学部長 三村 優美子
  • 書留にて「教員公募関係書類在中(統計的意思決定論)」と表記し、郵送してください。
お問い合わせ先 青山学院大学 学務部教務課 経営学部担当
電話:03-3409-9524
備考
  • 応募に関する秘密は厳守します。
  • 提出書類は返却いたしませんのでご了承ください。


採用情報へ戻る