TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

総合文化政策学部総合文化政策学科 教員公募(助教) (~2018 09/9郵送必着)

総合文化政策学部総合文化政策学科 教員公募(助教) (~2018 09/9郵送必着)

募集人員・応募資格等

職種 助教
採用人員 1名
担当科目 「社会調査実習(社会調査士標準カリキュラムG科目)」(*備考欄 注)、

「社会調査演習Ⅰ・Ⅱ(専門社会調査士標準カリキュラムH・I科目)」(*備考欄 注)、

社会科学分野の「コンピュータ統計基礎」など、学部及び大学院の講義と実習。

応募資格 以下の4つの条件をすべて満たすこと

  1. 1.2019年4月1日現在で博士の学位を有しているか、または取得見込みの者。あるいは博士(後期)課程満期退学で、本職在任中に学位の取得を目指す研究者も応募可。
  2. 2.「社会調査実習」をはじめとした学部の社会調査士関連科目、「社会調査演習Ⅰ」など大学院の専門社会調査士関連科目(*備考欄 注)が担当できる若手研究者。専門社会調査士(*備考欄 注)の資格を持っていればなおよい。
  3. 3.社会科学分野における統計分析の学術的実績があり、学部生及び大学院生向けにSPSS等の統計解析ソフトも使用した講義・実習をする能力を有する者
  4. 4.キリスト教信者またはキリスト教に理解のある者

 

就任時期 2019年4月1日

勤務条件等

勤務地 青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
待遇 学校法人青山学院就業規則および青山学院給与規則による。
詳細はお問い合わせください。
勤務形態 常勤
任期 2019年4月1日〜2020年3月31日までの1年間(但し2回までの更新可)

応募手続き・選考方法等

提出書類
  1. 1.履歴書、日本語で1通。連絡先には電話番号および電子メールアドレスを含めること。形式は任意。
  2. 2.業績表3通。(ⅰ論文・学会発表・著書・訳書などを種別にまとめた業績一覧と、ⅱ所属学会一覧。その他、ⅲ教育上の経歴がある場合はその一覧。)
  3. 3.研究業績2点(抜刷、コピー可、各3部)、およびそれぞれの要約(各3部)。そのうち一点は、社会科学分野における統計分析を含むものとする。
  4. 4.大学院の学位取得証明書 1通。
応募期限 2018年9月9日(日) 郵送必着(直接の持参は受付不可)
応募書類の送付先/
お問い合わせ先
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
青山学院大学 学務部教務課 総合文化政策学部担当気付 総合文化政策学部長宛(Dean’s Office, Kyomu-ka, School of Cultural and Creative Studies, Aoyama Gakuin University, Shibuya 4-4-25, Shibuya-ku, Tokyo 150-8366, Japan)

 

※応募書類は簡易書留にて(海外から送る場合は、同等の書留便にて)。封筒に「社会調査教員応募」または “Application Documents (English)” と朱筆してください。

 

※応募書類は採用選考のみに使用し、それ以外の目的には一切使用しません。

 

※応募書類の返却を求める方は、返送料分の切手を貼付し、返送先を記した返信用封筒を応募書類に同封すること(海外から応募する場合、切手貼付の代わりに相当額の国際返信切手券(international reply coupon)を同封すること)。

 

お問い合わせ先:

原則として、学務部教務課宛てに、電子メールでのみ受けつける。

電子メールアドレス:ao-bunka@aoyamagakuin.jp

(メールタイトルに、「社会調査教員応募」のワードを入れるようにしてください。)

選考方法
1次審査:書類・業績審査(応募者全員を対象とする)
2次審査:面接(模擬授業を含む。本学にて行う)交通費、宿泊費等については、本学の規定内においてのみ支給する。ただし、1次審査通過者のみを対象とする。なお審査日は9月後半を予定とする(変更の可能性あり)。
備考 ※「社会調査士」、「専門社会調査士」資格とその関連科目

 

「社会調査士」、「専門社会調査士」は、一般社団法人 社会調査協会によって認定される、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する「調査の専門家」を認定する資格制度です。詳細は同協会HPをご確認ください(http://jasr.or.jp/participation/what_sr.html)。

 

認定条件のなかに、いくつかの必要な修得科目があり、本学でも開設している学部の「社会調査実習」や大学院の「社会調査演習Ⅰ・Ⅱ」はその一部です。担当頂く科目にはこれらの実習・演習に加え、社会調査の方法論、量的調査の方法論などの科目が含まれます。