TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

安全保障輸出管理

安全保障輸出管理

安全保障輸出管理については、「青山学院大学安全保障輸出管理規則」を制定しています。また、安全保障輸出管理も含め、研究活動、産学連携活動のリスクマネジメント全般に関する規定として、「青山学院大学利益相反及び研究教育倫理委員会規則」を定めています。

青山学院大学における安全保障輸出管理体制

安全保障輸出管理とは、国際的な平和及び安全を保つために、武器・兵器や軍事目的に利用し得る貨物(機械装置・試料等)及び技術が、大量破壊兵器(核兵器、化学兵器等)の開発を行っている国やテロリスト等に渡らないようにするための管理制度です。
青山学院大学では、適切に安全保障輸出管理を行うため安全保障輸出管理体制を整え、教職員等への周知・啓発活動を行っています。国際的な教育・研究活動等に安心して取り組んで頂くためにも、安全保障輸出管理へのご理解・ご協力をお願いいたします。

申請書類等

安全保障輸出管理に関する手続きが必要と思われる取引(貨物の輸出・技術の提供)が発生しそうな場合、まず「事前確認シート」で学内審査が必要な案件であるかどうかを確認してください。(学内手続きが必要であることが明らかな場合は、この手続きは省略可能です。)その結果、学内審査が必要である場合は、③~⑦の書類を記入し、事務担当部署(研究推進部研究推進課・相模原事務部研究推進課)までご提出下さい。(「事前確認シート」及び「審査票」には、「外国人の受け入れ」用と「貨物の輸出・技術の提供」用の2種類がありますので、対応する方をご使用ください。)審査の結果、許可が下りた場合は、当該取引を行うことができます。また、審査の結果、経済産業大臣への許可申請が必要と判断される場合もあります。(「安全保障輸出管理 学内審査の流れ」をご参考に下さい。)
※これらの手続きは、取引を行う前に完了する必要がありますので、取引の1カ月ほど前にはご申請下さい。

安全保障輸出管理リーフレット(経済産業省作成)

審査の受付け、お問い合わせ

下記の事務担当部署まで、メールにて申請書を送信、ご連絡ください。