AGUインサイト 世界を読み解くコラム

外見に気を配ると、コミュニケーションはうまくいく? 教育人間科学部 遠藤健治教授



人は外見から、勝手に情報を読み取る

「人は見た目がすべて」と言われると、反発したくなってしまいますが、他人は私たちの内面を“推測する”ことしかできません。実像を知ることは決してできないので、他人がどんな人なのかを知る術といえば、まず“外見から”ということになります。ですから、自分が相手の目にどう映るかは非常に大切なことです。“第一印象が大切”と言われますが、とりわけ初対面での見た目は今後の人間関係に大きく影響を及ぼします。他人は自分が感じた印象に基づいて、私たちへの接し方を決めるものなのです。

例えば、海外の研究者による実験ですが、レストランで女性ホールスタッフが髪に花を飾った場合、飾らなかったときに比べて、チップの額が平均0.26ドル増えたという結果が報告されています。また女子大学生が見知らぬ人に10セント硬貨を借りようとして、ある条件ではスカートとストッキングを身につけたきちんとした身なりで、別の条件ではジーンズをだらしなくはいて実験を行った結果、きちんとした服装のときは81%の人が10セントをくれたのに対し、だらしない服装の場合は32%と、大きな差が出ました。

服装によって、人の印象は大きく変わります。その扱いは圧倒的に違うものです。上記の実験でわかるように、日本より外国で顕著に見受けられるものですが、見た目がきちんとしていれば他人から助けてもらえる、そうでないと助けてもらえないとはっきり差が出てしまうくらい、外見というのは人を判断するうえで重要な要素になります。

人は本人が意図する、していないに関わらず、服装や化粧、話し方、姿勢、表情など、外見から勝手に情報を読み取ってしまうものです。そこに気づき、自分の外見をコントロールすることができれば、コミュニケーション能力は飛躍的にアップするでしょう。

“外見”を決める要素:ファッション編(1)
 ~その装い、TPOに合っていますか?~

あなたは「おしゃれなんてくだらない、自分は中身で勝負だ」と思っていませんか?でも人は私たちの服装を見て、気分を良くしたり悪くしたりすることが、ままあるものだということにお気づきでしょうか。服装は自分の個性を表す手段であるものの、相手に対する敬意や配慮の表れでもあるのです。

もしも葬儀のときに、礼儀にかなっていない服装をしたら、どういう反応が返ってくるでしょうか?想像できますね。ではデートのときはどうでしょう。相手があまりかまわない服装をしていると、ガッカリしたりしませんか?服装にかまっていないということは、それを見る相手がどう思おうと、一向にかまわないということの表明です。「どう思われてもいい」ということは、相手に好意や敬意を抱いていないということを、服装で表現しているようなものです。それでは相手が不快に思ってしまっても仕方ないですね。

「装う」ことの中には、女性であれば化粧も含まれます。ここに化粧に関して、他人の目から見た評価を表した図があります。他者から見ると、まったく化粧をしていないというのは、あまり好意的に受け取られないようです。ナチュラルメイクが最も好意的に受けとられ、化粧が濃くなっていくと、また否定的になってしまいます。化粧をする側からすれば、化粧をしていないのと、ナチュラルメイクの間で、そんなに大きな差があるようには思わないかもしれませんが、受け手にとってはやはり服装と同様に、配慮のある、なしを自然に感じとってしまうのです。濃い化粧の場合は、TPOが関係してくることも多いでしょう。

アイメイクとリップカラーの対人印象

【出典】 筆者の研究からの引用

社会生活でも同様です。自分が着たい服装をすることは、精神衛生上大切ですが、あまりにも個性的すぎたり、TPOに合わない場合は、取引先や上司、同僚などへの配慮が足りないということにつながりかねません。きちんとした服装やメイクをするということは「私はあなたに対して敬意をはらっていますよ」というメッセージを発信することでもあるのです。相手との良好な関係を築きたいと思うのであれば、外見に気を配ることは必要条件であると言えるでしょう。


あわせて読みたい

  • 『対人関係を通しての自己理解ワークブック ひとのこころとふれあう私』 遠藤健治編著(培風館:2013)
  • 『見せる自分/見せない自分 自己呈示の社会心理学』(セレクション社会心理学(1)) 安藤清志著(サイエンス社:1994)
  • 『下着の社会心理学 洋服の下のファッション感覚』(新書) 菅原健介著(朝日新聞出版:2010)

プロフィール

教育人間科学部 遠藤健治教授

教育人間科学部
遠藤 健治 教授


研究