AGUインサイト 世界を読み解くコラム

フランスにおける「表現の自由」 文学部 濵野耕一郎教授



「私はシャルリ」

昨年(2015年)1月7日、フランス・パリで、風刺画を売り物にしている週刊新聞『シャルリ・エブド』のオフィスが、イスラム過激派の男二人に襲撃され、12人が死亡、多数の人が重軽傷を負うという事件が起きました。有力日刊紙『ル・モンド』が「フランスの9・11」と表現するほど、この事件はフランス国内外に大きな衝撃を与えました。

事件から4日後の11日には、事件の犠牲者を追悼するデモがフランス全土で行われ、370万人もの市民が参加。パリでは「私はシャルリ」というプラカードを持った市民ら160万人が大通りを埋めつくしたといいます。「私はシャルリ」というこの文言には、『シャルリ・エブド』の痛みを我がものとして受け止めるという思いだけでなく、表現の自由を死守しようという強い意志が込められているのです。

フランスで行われたデモの様子 フランスで行われたデモの様子

フランスで行われたデモの様子

事件によってその名が世界中に知られることになった『シャルリ・エブド』ですが、もともとは決してメジャーな新聞ではありませんでした。政治的・宗教的権威に対する挑発的な風刺画やジョーク、パロディを掲載する風刺新聞ですが、発行部数は週3万程度。風刺画それ自体をとってみても、お世辞にも品があるとはいえない媒体でした。『シャルリ・エブド』は、預言者ムハンマドを茶化す風刺画も度々掲載しており、これに反発した一部のイスラム過激派が引き起こしたのが今回の事件だったのです。

日本では事件を受け、「テロは決して許されるものではない」と前置きしたうえで、「表現の自由を盾にとって、何を言ってもよいのか」と、『シャルリ・エブド』の編集姿勢に批判的な見解を口にする論者も多く見られました。しかし事件直後のフランスでは、表現の自由の「限度」をめぐる議論はほとんどなされなかったといいます。自由に制限を設けること、つまり自由を自由でなくしてしまうことは、大半のフランス人にとって問題外の要請だということなのかもしれません。

表現の自由と権力批判

では、なぜフランスにおいて、表現の自由がここまで絶対視されるのでしょうか。その理由は、フランスのこれまでの歴史にあると言えるはずです。大雑把に言って、フランスでは長い間、王権と教権がときとして手を結び、ときとして激しく対立しながら、ひとびとの富と自由を搾取する力として君臨していました。18世紀末の大革命(フランス革命)が、王の首を刎ねるだけでなく、非キリスト教化運動の激発を伴ったのもそのためですが、大革命が勃発するずっと以前から、権力への反抗が始まっていたことも忘れてはならないでしょう。

例えばフランス・ルネサンスを代表する16世紀の作家ラブレーは、抱腹絶倒の書『パンタグリュエル』や『ガルガンチュア』において中世神学の牙城パリ大学神学部を風刺し、17世紀の喜劇作家モリエールは戯曲『タルチュフ』で、宗教的偽善を痛烈に揶揄しました。また、カトリックによる弾圧や横暴と闘った作家・思想家としてはヴォルテールが有名です。彼の活躍した18世紀には言論弾圧も未だ強力でしたが、それをくぐりぬけるかたちで王権・教権に批判的な世論が形成され、世紀末の大革命を引き起こす原動力となっていきました。

フランス人には、批判精神を(ときとして命がけで)表現し続けてきたからこそ、自由を勝ち取ることができたのだという矜恃と信念があります。フランスに共和政が定着したのは、1870年に始まる第三共和政以降のことになりますが、19世紀は産業技術の革新と識字率の向上によってジャーナリズムが隆盛をきわめ、七月王政やカトリック教会を辛辣に揶揄する風刺画を掲載して人気を博す新聞も出現します。権力に屈することなく、支配者層に対する批判的見解を表明し続けることが、自分たちの勝ち得た自由の源泉なのだという信念は、長い戦いの歴史を経て培われた非常に強固なものなのです。表現の自由がテロという暴力によって脅かされたことに民衆が反発し、1月11日にあれほど多くのひとびとが街路に降り、フランス全土でデモが繰り広げられたのは、こうした歴史的背景があったからです。


あわせて読みたい

  • 『ふらんす』 特別編集「シャルリ・エブド事件を考える」(2015年3月)
  • 『現代思想』 臨時増刊号「シャルリ・エブド襲撃 / イスラム国人質事件の衝撃」(2015年2月)

プロフィール

文学部 濵野耕一郎教授

文学部
濵野 耕一郎 教授


研究