AGUインサイト 世界を読み解くコラム

経済活動あるところ「会計」あり 会計プロフェッション研究科 八田進二教授



経済活動において重要な「会計」とは

日本は、国の債務残高が1000兆円にまで膨らんでいるという報道をよく耳にすると思います。あまりにも金額が大きく、また天文学的な数字であるため、我々国民にとってはほとんど実感がわかないというのが、正直な話でしょう。
下の資料をご覧ください。財務省が発表している平成23年度の国の一般会計を一般家庭の1ヶ月分の家計に置き換えたものです。

日本の財政を家計に例えたら

これを見ると、収入が40万円しかない家庭なのに75万円の支出を行っています。ということは、その不足分の35万円は借金です。こんなでたらめな家計をやりくりしている一般家庭が世の中のどこにあるのでしょうか。日本財政がこのようなとんでもない額の借金を背負うこととなったのは、日本人の多くが、「会計学」や「会計」の役割ないしは社会的な機能に対しての知識や理解が乏しいことが原因として考えられます。

一般に「会計」という言葉を聞くと、「お金の計算」とか「銭勘定の学問」ではないかと考える人が多いと思います。これは必ずしも間違いではありません。しかし、「お金の計算」自体が「会計」の本来の役割では決してありません。

「会計(学)」は英語で言うと、「accounting」といいます。これは「account」に「ing」がついている形です。「account」には名詞と動詞の意味があり、大学受験英語で「account for~」という重要イディオムがあるのを知っている人もいるでしょう。この「account for~」という言葉は「~を説明する」「~の責任を持つ」「~を報告する」という意味で、まさにこれこそが「会計」の本来の意味を表しています。

基本的に「会計」という世界は、我々の経済社会の中で行われる、様々な経済活動の実態を忠実に描写した内容を、一定の情報として「報告・説明」することであり、それによって情報の利用者が正しい意思決定を行うことができるようにする、一連のプロセスを指します。
ただ、地球上のほとんどの国が貨幣経済の社会であり、日々の経済活動を映し出したり、計算する根拠になるのが「お金」であるため、「会計」の「ものさし」としても、「お金」の計算結果を採用しているだけなのです。

「会計」の入り口としての「複式簿記」

経済活動を正しく説明するのが「会計」ですが、それを支える情報を一定の手続によって記録する技法として「複式簿記」という帳簿記入の方法があります。まずは「簿記」には「単式簿記」と「複式簿記」があることからふれましょう。

一般家庭で「会計」とか「簿記」について考えるとき、通例、家庭の場合は「家計簿」、子どもたちは「おこづかい帳」を思い浮かべるでしょう。この「家計簿」や「おこづかい帳」は、「(収入)−(支出)=(残高)」という計算の中で、収入ないしは支出のいずれか一面的な視点での記録しかしない方法であって「単式簿記」といわれるものです。

「複式簿記」も単式簿記同様、「(収入)−(支出)=(残高)」という計算をすることは変わりありません。ただ、一つの事実ないしは活動の記録を常に二面的に分解して記録することで、「原因」と「結果」、あるいは、ギブ・アンド・テイクの関係を明らかにすることができます。

例えば、自動車を100万円で購入したとします。「単式簿記」では、自動車の購入により100万円という現金が支出したことのみを記録します。一方「複式簿記」では、100万円の現金は支出して減少したけれども、それに代わって、同額の自動車という財産が増加したということを同時に記録するのです。

このように「複式簿記」では、現金といった資産の増減の原因と結果が分かり、その結果、適切な財産管理をすることができます。今日、企業の会計、または個人レベルでも、正しい経済活動を説明するツールとして「複式簿記」を採用することは当然だといえます。

この「複式簿記」に関する最古の書物は、今から500年以上前にイタリアのルカ・パチョーリという数学者によって著わされた「スンマ」と呼ばれるものであり、かの有名な哲学者・ゲーテは、自分の書物「ヴィルヘルム・マイスターの修行時代」の一節で、「複式簿記は、人間の英知が生み出した最高の発明である」と絶賛しています。それほど、我々の経済活動を貨幣額によって映し出して記録していく上では、すばらしい記録方法なのです。

しかし「会計」=「複式簿記」ではありません。「複式簿記」は単なる記帳技法であり、あくまでもツールないしは計算のための手段です。スポーツで例えれば、ルールを覚えたからといって、プレーが上手になったり強くなるワケでもないように、「複式簿記」ができたからと言って、直ちに「会計」のすべてが分かるワケではありません。「複式簿記」の考え方を習得することは、会計に対する理解を高めるための入り口として欠かせないものであり、それを前提に、会計を正しく学ぶことがより大切なのです。


あわせて読みたい

  • 『会計プロフェションと監査—会計・監査・ガバナンスの視点から—』 八田進二著(同文舘出版:2009)。
  • 『会計専門家からのメッセージ—大震災からの復興と発展に向けて』 八田進二、柴 健次、青木雅明、藤沼亜起編著(同文舘出版:2011)。
  • 『大震災を風化させない 会計研究者からの提言』 八田進二編著(同文舘出版:2012)。
  • 『日本よ』 石原慎太郎氏コラム(産経新聞(2012.5.14))。


研究