AGUインサイト 世界を読み解くコラム

文学は、私たちの<生>を支える 文学部 土方洋一教授



話題の文学作品と古典作品

近年、文学界を沸かせたニュースと言えば、2015年に又吉直樹さんの「火花」が芥川賞を受賞したことでしょうか。私も大変面白く読ませてもらいました。登場人物の心の動きや葛藤を非常にうまく捉えて表現されていたと思います。ただしこの作品が30年、50年、100年と読みつがれていくものになるかどうかは、もう少し時代の評価を待つ必要があります。時代に流されない普遍性が作品の中にどれほどあったかということで、最終的にその作品の価値は決定されるものだと思います。

その点、「古典」は、数百年という長い時間を経てなお今に読み継がれているわけですから、それだけで普遍的な価値を有するものとして大きな信頼をおくことができるといえるのではないでしょうか。

古典に触れることは、異文化コミュニケーションである

実学を重用する昨今の流れの中で、人文学系学問は軽視される傾向にあると見受けられますが、みなさんはどのように感じますか?学問を「世の中の役に立つか、立たないか」という一方的な見地からだけで判断するという考え方自体に、そもそも難があるように私には思われます。なぜなら、この社会は実業を支えている学問だけがあれば良いというものではないからです。文学部の教員である私がこのような発言をしても身内びいきのように聞こえるかもしれません。しかしながら、「人文学は実学を根底で支える学問である」という声は、経済界や医学など実学系のトップランナーなどからも発せられています。人文学は最も汎用性が高い学びであり、どんな生き方をするにしろ人文学の知識が無駄になることはない、さまざまな学問に通じる学びだと思います。

もしも自分の国の過去の文化や言葉、感性、人についての知識が絶たれてしまったら、私たちは自らの考えの拠り所や基盤を失ってしまうのではないのでしょうか。よく「異文化コミュニケーションの大切さ」がうたわれますが、異文化には「空間的異文化」と「時間的異文化」の2つがあると私は考えています。空間的なものが諸外国とのコミュニケーション、そして時間的なものが過去の時代の文化とのふれあいです。古典を学ぶことで、現代と異なる生活文化を知り、今を相対的に捉える視点を養うことができるのです。

例として『源氏物語』の冒頭「桐壺巻」を見てみましょう。

「いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれてときめきたまふありけり」。

帝にたくさんの妃がいる中で、取り立てて高い身分の出身ではないものの寵愛を受けている女性がいたという導入です。平安時代、貴族は官僚であり政治をになっている存在です。帝は有力な貴族の娘を妃に迎えて、彼女たちをそれぞれの出自に応じて大事にしなければならない。そうしなければ、政治的な力のバランスが崩れてしまいます。そのような時代にあって、身分にとらわれることなく純粋な想いだけでひとりの女性を公然と愛してしまっているというこの冒頭部分は、言わば帝がある種の失政を行なっているということが述べられているのです。皆さんは、「桐壺巻」を単純に帝と桐壺の純愛物語、悲恋物語としてとらえていたのではないでしょうか?

身分にとらわれない1対1の恋愛関係が価値のあるものとして、ある種の神聖さをもって日本で受け入れられたのは、明治期のことです。それ以来、長く見積もってもせいぜい150年。こうした神聖化された恋愛観は、長い歴史の中ではごく最近の傾向だといえます。平安時代から江戸時代までの人々が読んで受ける『源氏物語』の印象と、現代人の受け取り方はいささか違うであろうことが推測できます。古典を学ぶことによって、今、普遍的だと考えられているものに対する別の視点や価値観の存在を知ることは、現代を生きる上でも大切なことだと思います。

京都御所 清涼殿

桐壷の更衣が清涼殿にいる天皇のもとに行こうとすると通路に妨害工作をされたり、通路の両側の戸にカギをかけて閉じ込められたりした。写真は、現在の京都御所 清涼殿(宮内庁京都事務所提供)


あわせて読みたい

  • 『物語のレッスン -読むための準備体操』 土方洋一著(青簡舎:2010)
  • 『高校生からの古典読本』 岡崎真紀子・土方洋一・千本英史・前田雅之編著(平凡社:2012)
  • 『検定絶対不合格教科書古文』 田中貴子著(朝日新聞社:2007)
  • 『仲間と読む 源氏物語ゼミナール』 土方洋一著(青簡舎:2008)
  • 『物語の千年 -『源氏物語』と日本文化』 高橋亨・土方洋一・小嶋菜温子著(森話社:1999)

プロフィール

文学部 土方洋一教授

文学部
土方 洋一 教授


研究