AGUインサイト 世界を読み解くコラム

観光の経済効果を景気回復につなげよう 社会情報学部 長橋 透教授



日本の「観光」は25兆円産業

 あなたは1年間にどのくらい旅行をしますか? 観光庁の2009年の「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究」によると、年間一人当たり、旅行回数は2.72回、宿泊日数は2.08日と推計されています。

国内の旅行消費額25.5兆円の市場別内訳

 日本国内の旅行消費額のトータルは25.5兆円で、右の図のように日本人の国内宿泊旅行による消費額が約70%を占めています。国内旅行では、日帰り旅行の方が数は多いのですが、その消費額は約20%程度しかありません。宿泊をともなわない旅行では、大きな経済効果を期待できないことがよくわかります。また近年では、海外から旅行者を呼び込もうと様々な取り組みをしていますが、その消費額をみるとまだ約5%を占めるに過ぎません。
 最近、よく日本人の海外旅行離れが指摘されています。景気が良くないことも理由のひとつではあると思いますが、旅行以外のレジャーの選択が増えていること、知らない言語圏での生活の不安から内向き志向の若者が増えていることも否めません。下の表、日本自動車工業会が2008年度に出した「乗用車市場動向調査報告書」によると、ここ20年間の間に、海外旅行が興味関心事として順位を下げていることがわかります。

 ところで「旅行」「観光」と言う言葉には、楽しいイメージがある一方、「旅」と言うと「お遍路さん」の修行など苦しみをともなうイメージがありませんか。英語でも同じです。「旅行」や「旅行記」などと訳される「travel」は、「苦労して旅する」というのが語源です。これに対して「sightseeing」や「trip」などは、楽しいイメージがありますね。そのような様々な用語の中から、観光関係者たちは、観光に行く側と受け入れる側の両方を意味する言葉として「tourism」(ツーリズム・観光)という言葉を定着させたいと考えています。
 もともと日本語の「観光」という言葉は、儒教の経典『易経』の一節「観国之光 利用賓于王」(国の光を観る もって王に賓たるによろし)からきていて、「国の威力を観たり、観せたりする」という意味を持って生まれました。幕末時代の軍艦「観光丸」(現在、長崎港内クルージングでレプリカが活躍)は、国威の象徴として、外国に対し「幕府の威信を示したい(光を観よ)」という強い思いから名付けられました。今では、平和をイメージさせる「観光」という言葉が、「軍艦」という正反対のイメージをもつものに付けられ生まれたとは興味深いですね。

興味関心がある製品・サービスランキング(上位25項目。様々な財の中での相対的な興味関心度)
以前の大学生 以前の大学生 現大学生
(現40~50代) (現20~30代) (エントリー世代)
N=300 N=300 N=1000
興味関心数:5.22個 興味関心数:7.09個 興味関心数:8.96個
順位 製品・サービス 製品・サービス 製品・サービス
1 ファッション 35.7 パソコン 50.7 パソコン 62.1
2 国内旅行 34.0 ファッション 47.7 ファッション 53.9
3 外食・食べ歩き 32.0 通信機器 39.7 携帯音楽プレーヤー 50.6
4 書籍 31.7 国内旅行 37.3 通信機器 49.9
5 音楽 31.3 音楽 37.0 国内旅行 44.0
6 映画 27.7 外食・食べ歩き 33.7 音楽 43.7
7 自動車 27.0 海外旅行 32.7 書籍 42.9
8 パソコン 25.7 携携帯音楽プレーヤー 31.0 アニメ・漫画 42.0
9 海外旅行 23.7 書籍 31.0 ゲーム 38.4
10 オーディオ 20.3 自動車 25.3 外食・食べ歩き 37.6
11 カメラ 19.7 映画 25.3 映画 35.5
12 テレビ 17.0 アニメ・漫画 25.3 カメラ 35.0
13 アニメ・漫画 15.7 ゲーム 25.3 海外旅行 33.9
14 宝飾品・アクセサリー 15.0 カメラ 25.0 テレビ 28.8
15 スポーツ用品 14.0 時計 24.3 語学、資格試験 27.3
16 化粧品、エステ 12.3 化粧品、エステ 22.0 化粧品、エステ 26.2
17 時計 11.3 テレビ 18.7 自動車 22.8
18 語学、資格試験 10.3 宝飾品・アクセサリー 18.3 時計 22.6
19 携帯音楽プレーヤー 10.0 語学、資格試験 15.0 家具・インテリア 21.7
20 自動二輪 9.7 オーディオ 14.3 宝飾品・アクセサリー 17.9
21 楽器 9.3 家具・インテリア・食器 13.7 資産運用 17.0
22 文房具・ステーショナリー 9.3 スポーツ・アウトドア用品 13.3 楽器 15.5
23 資産運用 9.0 文房具・ステーショナリー 12.0 オーディオ 15.3
24 通信機器 8.7 ペット 11.3 文房具・ステーショナリー 15.2
25 自動車用品 8.7 楽器 10.7 スポーツ・アウトドア用品 14.4

データ:(社)日本自動車工業会「2008年度乗用車市場動向調査」より

ここ150年が変革期「観光ビッグバン」

 そもそも「旅」は、世界的には古代ギリシア・ローマ時代から存在します。神話における神殿の参拝など宗教的なもの、オリンピア祭のように競技会開催におけるもの、そして地中海のデロス島やミコノス島での保養的なものなどがそうです。日本でも「漢委奴国王」の金印が伝わるように、弥生時代から政治的な意味合いでの渡航があったり、「お遍路さん」のように強い宗教心からの巡礼などがありました。しかし、それらは「旅」で、そもそも楽しさを追求する目的ではなかったと言えます。また、ごく一部の貴族や政治家など、特別な人だけに許された行為だったとも言えるでしょう。
 「旅」から「観光」へ。貴族から富裕層、さらに一般大衆へ。楽しめるものとなった「観光」は、産業革命から100年程を経た1860年代頃から、めまぐるしく変革してきました。それは約50年ごとのサイクルで大きな変革期を迎えており、現在が第四次変革期の真っただ中です。この変革期「観光ビッグバン」について、下記の表にまとめてみました。

観光ビッグバン
世界 日本
1860年代 第一次観光革命 産業革命から約100年後。イギリスの経済力が世界一となった時代。「鉄道」という、大量輸送可能な長距離移動手段ができ、所得の向上と余暇時間をもつことが可能になった結果、第一次観光革命が起こる。トーマス・クックが、鉄道などを格安で利用したパッケージツアーの原型を作る。 1860年 咸臨丸による遣米使節団。
1872年 トーマス・クックが世界一周旅行を主催。日本にも立ち寄る。
1910年代 第二次観光革命 世界の中で、アメリカが経済的力を持つようになった時代。「大型客船」という新しい大量輸送交通手段を手に入れ、大西洋をはさんで、往来が盛んになった。 1908年 日本初の世界一周旅行「世界一周会」。(朝日新聞社主催、トーマス・クック社手配)
1912年 外客誘致と接遇のためにジャパン・ツーリスト・ビューローが設立。
1924年 月刊誌「旅」が創刊(2012年3月号をもって休刊)
1960年代 第三次観光革命 経済発展国に日本も仲間入り。今まではイギリス、アメリカが中心の発展だったが、経済発展を果たしたヨーロッパ諸国では、国境を超えて移動する人が多くなる。革新的な移動手段「ジャンボジェット機」も登場。 1964年 海外観光旅行が自由化される。
2010年代 第四次観光革命 アジアにおける高度経済成長により、国境を超えて移動するアジア人が激増。巨大航空機の登場やアジアにおける巨大空港の建設により、観光、ビジネスなど様々な目的で、国境を超えて交流する、大交流時代の到来が期待されている。 1964年に海外旅行が自由化されたときは、日本人13万人が海外渡航したが、2000年には過去最高の1780万人にまで増加した。

 旅行産業全体を考えると、第一次変革期に登場したトーマス・クックの存在はかなり大きいと言えます。団体での格安チケットや、目的地までのアトラクションを考えたり、印刷業の経験を活かして旅行のチラシを作ったり。近代旅行業の始まりであり、現在のパッケージツアーの原型を作ったと言ってよいでしょう。
 余談ですが、1872(明治4)年に世界一周ツアーを催行したトーマス・クックは、イギリスからアメリカを経て、日本にも立ち寄りました。トーマス・クックの記録には、日本についての記述が残されています。ひとつは「瀬戸内海の風景は、ヨーロッパにあるすべての湖の最も良いところを、1カ所に集めたくらいすばらしい」ということ。さらに「牛肉がおいしかった」。そして最後に、トーマス・クックが日本で買ったもの。人が人を乗せて引く車が新鮮だったのでしょうか。人力車をいたく気に入り、あんなに大きいものをお土産として買い求め、日本を旅立ったということです。あのトーマス・クックが日本にこのように感動していたという記述を見ると、今の日本も、より観光に力を入れるべきではないかと考えます。


プロフィール

社会情報学部 長橋透教授

社会情報学部
長橋 透 教授


研究