AGUインサイト 世界を読み解くコラム

平家物語で読む平清盛像と源平一門 文学部 佐伯真一教授



『平家物語』の中の平清盛とは?

 2012年のNHK大河ドラマと言えば「平清盛」ですね。戦国や幕末などと比べてしまうと、この時代の知名度が低いのはわかりますが、平清盛を知らないという人もいるそうで、正直ちょっとショックだったりしています。今回の大河ドラマでは、武士として初めて国家の頂点に登りつめ、新しい時代を切り開こうとした英雄として「平清盛」が描かれていくことでしょう。それはもちろん、史実や文献に基づいたフィクションであるわけで、このような歴史もののドラマが製作されるときは、様々な歴史書や文学作品などが参考にされます。今回の「平清盛」の場合、それらの参考資料の中で、やはり『平家物語』の存在は大きいと言えるでしょう。

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」の語り始めは、誰もが一度は聞いたり読んだりしたことがあるでしょう。この語りで始まる『平家物語』は、「栄華を極めた平家が、なぜ滅んでしまったのか」をテーマとした物語です。前半の6巻で、「平家が滅んだのは清盛の悪行のせい」とし、その原因「なぜ」を描き、後半で、平家が「どのように」滅亡したのか、その結果を描いています。
 物語全体に大きく影響しているのは、後白河法皇の存在です。後白河法皇が直接描かれる場面は多くないのですが、法皇との関係をめぐって物語が展開していき、後白河寄りの立場が「正義」となります。清盛と後白河は、途中まではいい関係だったのに、物語の始まりにあたる時期の1170年代後半になると、急速に関係が悪化していく背景があります。これを考慮に入れつつ「清盛の悪行」を読み解いていくと、その悪行の数々は、単に「後白河寄りかそうでないか」という観点から見ることもできるでしょう。例えば、後白河を幽閉したこと(法皇被流[ほうおうながされ]:巻第三)では、確かに幽閉はしたけど、危害を加えたわけではないですし、福原に遷都したこと(都遷[みやこうつり]:巻第四)も、大河ドラマの時代考証をしている高橋昌明先生などのように、「日宋貿易という大きな夢をもち、新しい豊かな時代を切り開くために都を移した」という見方もできます。
 史実の問題は別として、確かに清盛を「悪行の人」として描いている『平家物語』ですが、ただ清盛の悪口を言っているわけではなく、常人のスケールではとうてい想像も及ばない、巨大な「不思議の人」として描き出そうとしています。それでは、平家の滅亡までを描く『平家物語』を紹介するとしましょう。

様々な人の生き方や人の本質の描写に注目

 『平家物語』には、細かく数えていくと千人もの人物が登場し、それぞれが様々な生き方を見せます。まずは『平家物語』の主要人物を紹介します。下の表をご覧ください。この8人を中心に、その他の登場人物との関係性を整理していくと分かりやすいでしょう。

主要な登場人物
平清盛 平重盛 源頼朝 源義経 源義仲
(1118~1181) (1138~1179) (1147~1199) (1159~1189) (1154~1184)
平忠盛の嫡男。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱でも勝利し、武士として初めて太政大臣に任じられる。 平清盛の嫡男。保元・平治の乱で父・清盛を助ける。物事を正しく判断し、父の右腕となっていたが、病気で父より早く他界。 源義朝の三男として生まれ、父・義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ流される。鎌倉を本拠地として、1192年には征夷大将軍に任じられる。 源義朝の九男として生まれ、幼名は牛若丸。一時、奥州へ下ったが、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦で平氏を滅ぼし、その最大の功労者となる。 源義賢の次男。源頼朝・義経とは従兄弟にあたる。「木曾(きそ)義仲」の名でも知られる。平家政権を倒すが、頼朝軍に討たれる。
平時子 建礼門院(平徳子) 後白河法皇
(1126~1185) (1153~1214) (1127~1192)
平清盛の正室(継室)。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。 清盛と時子の子。高倉天皇に嫁ぎ、安徳天皇を産む。壇ノ浦で入水するが生き残る。 平安時代末期の第77代天皇。鳥羽天皇の第四皇子として生まれる。異母弟・近衛天皇の急死により皇位を継ぎ、譲位後は34年に渡り院政を行った。天皇譲位後、平時子の妹、滋子(建春門院)をめとり、皇子(憲仁、後の高倉天皇)をもうける。滋子入内で平清盛と義理の兄弟となる。
前半年表(清盛誕生から清盛没まで)
西暦 出来事 章段
1118年 平清盛誕生 祇園女御
1123年 源義朝誕生
1129年 鳥羽上皇の院政が始まる
1132年 平忠盛昇殿。闇討未遂事件 殿上闇討
1153年 平忠盛没。清盛、家督を継ぐ
1156年 保元の乱
1159年 平治の乱
1160年 源頼朝、伊豆へ流刑 厳島御幸
1167年 清盛、太政大臣になる
1168年 高倉天皇即位
清盛、出家 禿髪
1170年 殿下乗合事件(藤原基房に報復) 殿下乗合
1173年 文覚、伊豆流刑 文覚被流
1177年 鹿谷で平家討伐の密議発覚 鹿谷
俊寛ら、鬼界ヶ島へ流刑 大納言死去
1178年 安徳天皇誕生 御産
1179年 清盛、後白河法皇を幽閉 法皇被流
平重盛、没
安徳天皇即位 厳島
1180年 以仁王、平氏追討計画発覚、没 源氏揃
福原遷都 都遷
源頼朝、関東で挙兵 早馬
都を京に戻す 都帰
南都追討、炎上 奈良炎上
1181年 高倉院崩御 新院崩御
清盛、死去 入道死去
1182年 木曾義仲、城長茂を破る 横田河原合戦

早速、前半を紹介します。前半は、平清盛が平家の栄華を極め、そのため様々な方面から反感をもたれ、清盛が熱病で亡くなるまでを描きます。前半では、清盛の悪行が多々語られるわけですが、虚構もあります。

「清盛の孫(重盛の二男)の資盛が、摂政殿下・藤原基房の行列に出会い、馬から下りる礼儀を怠ったために、馬から引きずりおろされ恥をかかされた。それに激怒した清盛が、藤原基房一行を待ちぶせして、仕返しをした」(殿下乗合[てんがののりあい]:巻第一)

清盛がいかにも横暴な感じがしますが、実は仕返しをしたのは清盛ではなく重盛であると、歴史の記録にはっきりと残っています。『平家物語』で語られる重盛は、非常に道徳的で、物事を正しく判断し、父のブレーキ役として活躍し、重盛が早く亡くなることで、父・清盛の暴走が始まったとされています。しかし、このように面子にこだわって報復したことを知ると、重盛のイメージが変わりますね。

 『平家物語』に描かれる清盛の行動は、孫思いの人間くさい心情によるとも言えるでしょうが、人間くさいと言えば、こんな話もあります。

「後白河の側近で、法勝寺という大きな寺の責任者だった俊寛が、陰謀が発覚したため、清盛によって鬼界ヶ島に流刑された。鬼界ヶ島に一人残されることになった俊寛は、赤子がだだをこねるように手足をばたつかせ、号泣し、一人にしないでほしいと懇願した」(足摺[あしずり]:巻第三)

当時では超一流のお寺の頂点にいて、誰からも敬われていた俊寛が、孤島に一人きりになるという、死に直結するような極限状態の中で、人間の無力な姿をさらけ出し、だだをこねて号泣しているのです。その姿はみじめ極まりないのですが、人間というのは本来そういうものなのかもしれません。このように人の弱さを全面に出し人間くささを描いているところがおもしろいと思いませんか。


あわせて読みたい

  • 『平家物語大事典』 大津 雄一・日下 力・佐伯 真一・櫻井 陽子:編(東京書籍:2010)
  • 『戦場の精神史 ~武士道という幻影』 佐伯真一著(NHK出版:2004)
  • 『建礼門院という悲劇』 佐伯真一著(角川学芸出版:2009)
  • 『宮尾本 平家物語』(全4巻) 宮尾登美子著(朝日新聞社:2005)
  • 『新・平家物語』(全16巻) 吉川英治著(講談社:1989)
  • 『90分でわかる平家物語』 櫻井陽子(小学館:2011)
  • 『新編 日本古典文学全集45・平家物語(1)(2)』(全2巻) 市古貞次著(小学館:1994)

プロフィール

文学部 佐伯真一教授

文学部
佐伯 真一 教授


研究