AGUインサイト 世界を読み解くコラム

歴史は、誰のためのもの? 文学部 阪本浩教授



なぜ歴史を学ぶ必要があるの?

私が授業で担当しているのは西洋古代史。つまり、西洋文明の底流と言うべきギリシア・ラテンの古典を生み出した社会の歴史です。

皆さんの中には、中学や高校で歴史を学ぶ中で、「なぜ歴史を学ぶ必要があるんだろう?」と疑問に感じたことのある人も多いのではないでしょうか。

「賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。過去の事実を正しく理解していない人は、現在の事柄に対しても盲目になりがちです。例えば、今日ユダヤ人とイスラム教徒がなぜパレスチナをめぐって激しく対立しているのかを知るためには、その背景となった古代以来のイスラエルの歴史を正しく理解していなければなりません。

また、自らの主観に基づいて歴史を歪めて解釈し、「過去はこうだったのだから、これからはこうなる、こうしなければいけない」と主張する人に対して、「その主張の根拠は、客観的事実に照らして誤っている」と指摘できることも大切なことでしょう。

そのうえで、「歴史とは多面的・多角的なものである」ことを理解する……私は、これこそが歴史を学ぶことの最も重要な意味だと考えています。学んだ歴史をそのまま鵜呑みにするのではなく、「別の見方」があることを意識してほしいのです。

そこで、このコラムでは、皆さんもよくご存じのクレオパトラを例に、歴史の多面性について考えてみたいと思います。

クレオパトラの人物像と「アクティウムの海戦」

クレオパトラを巡る人物関係図

【図1】クレオパトラを巡る人物関係図

皆さんは、クレオパトラという人物に、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

ご存知のように、クレオパトラは古代エジプト最後の女王。その美しさを武器に、カエサル、アントニウスというローマの英雄2人を魅了し、ローマを征服しようとした“妖艶なる悪女”、そして、最期は毒蛇にわが身を咬ませて自害した“悲劇の主人公”として知られています。

こうしたクレオパトラの人物像を語るうえで欠かすことのできない出来事が「アクティウムの海戦」です。世界史の教科書では、「紀元前31年、オクタウィアヌスが、アントニウスとクレオパトラの連合軍を破ってローマ世界の覇権を握った海戦」と書かれています。

古代ローマの詩人・ウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』では、アクティウムの海戦を「奇怪な東方の神々に対する、イタリアの神々の勝利」として描いています。この“奇怪な東方の神々”を率いる異国の女王がクレオパトラです。

また、同時代の詩人・ホラティウスの『歌章』には、クレオパトラについて、こんな記述が登場します。

「されどかの女は、むしろ気高き死を願い、剣におののく女々しさも見せず、(中略)雄々しくぞ、面持ちも静かに、くずれし宮殿をうち眺め、いまは死を熟慮(おも)うていや猛りつつ、黒き毒を身中(みぬち)に吸収(すい)とろうと、勇しや、おそろしき毒蛇(へび)を手にしたのだ」(藤井昇訳『歌章』(現代思潮社より))

このウェルギリウスやホラティウスの記述こそが、その後シェイクスピアの戯曲や映画に影響を与え、今日まで人々が知る“クレオパトラ像”の原型となっているのです。

これに対して、アクティウムの海戦から約100年後に書かれたタキトゥスの『年代記』では、まったく別の歴史が描かれています。“古代ローマ最高の歴史家”といわれるタキトゥスは、当時としては驚くほど、正確かつ公正な叙述で知られる人物です。彼は、アクティウムの海戦について「派閥争いの中で最終的にアウグストゥスが勝利を収め、政権を独占した。そしてその親族や忠実な部下たちが政権の中枢に座った。これが帝政の本質なのだ」と、きわめて簡潔に書いています。つまりアクティウムの海戦は、ローマ国内でたびたび繰り返されてきた“派閥争いによる内乱”のひとつに過ぎなかったというのです。クレオパトラに関する記述は見あたりません。

なぜ、これほどまでに異なる「歴史」が描かれたのでしょうか?その謎を解き明かすために、アクティウムの海戦の背景について説明しましょう。


あわせて読みたい

  • 『知識ゼロからのロ-マ帝国入門』 阪本浩著(幻冬舎:2009)
  • 『3日でわかるローマ帝国(知性のBasicシリーズ)』 (ダイヤモンド社:2001)
  • 『ローマ帝国一五〇〇年史(ビジュアル選書)』 (新人物往来社:2011)

プロフィール

文学部 阪本浩教授

文学部
阪本 浩 教授


研究