AGUインサイト 世界を読み解くコラム

いまこそ、シェイクスピア! 文学部 佐久間康夫教授



「生誕450年」から「没後400年」へ グローバルに盛り上がるシェイクスピア

ロンドンにある「シェイクスピア・グローブ座」

シェイクスピアが著した『ハムレット』や『ヴェニスの商人』など数々の芝居は、現在も多くの国で上演されて、日本でも馴染み深いのではないでしょうか。戯曲のまま読まれるのはもちろんのこと、舞台劇の領域を越えて、映像作品や絵画や音楽の題材として、さまざまな芸術の媒体で表現されています。

イギリス文化の国際交流を推進するブリティッシュ・カウンシルが、ブラジル、中国、ドイツ、インド、アメリカの若者5000人を対象に行った調査によると、イギリスと聞いてすぐに思いつく人物として名前を挙げられた第1位は、エリザベス女王でも、サッカー元イングランド代表のベッカムでもなく、なんとシェイクスピアだったそうです。

2014年はシェイクスピア生誕450年、そして2016年は没後400年にあたります。ロンドンの「シェイクスピア・グローブ座」は、劇作家の450回目の誕生日を記念して、2年間にわたり、グローブ(=地球)の名にふさわしく、世界200国以上を巡る『ハムレット』のツアー公演に出かけています。

このように、ここ数年は世界各地がシェイクスピアで盛り上がることは間違いありません。この機会に、シェイクスピアの魅力にふれてみてはいかがでしょうか?

なぜシェイクスピアは時代と国境を超えて支持を得ているのか?

舞台『ハムレット』。ハムレット(奥)はオフィーリアに「尼寺へ行け」と命じる。
ハムレット: 田邊真也
オフィーリア: 野村玲子
撮影: 上原タカシ
写真提供: 劇団四季

400年もの時と国境を超えて、いまも多くのファンを獲得しているシェイクスピア。その魅力は、いったいどこにあるのでしょうか?

その最大の理由は、なんといっても人間の普遍的なテーマを描いていること。シェイクスピア作品はそのほとんどが、人々の間に営々と語りつがれた有名な物語を材源に作られています。生と死、愛と憎しみ、出会いと別れなど、今も昔も変わらない本質的な人間感情がベースだからこそ、そして、多様な解釈を受容する幅が広く、自由な表現が可能であるからこそ、現代の芸術作品として新しい装いをまとっては、世界中の人に訴えかけるのです。

ところで、シェイクスピア研究には「本文批評」という分野がありますが、これはひと言で言えば、シェイクスピアの書いた言葉が本当は何だったのか、を研究する分野です。意外に思われるかもしれませんが、シェイクスピア本人が書いた原稿は何ひとつ残っていません。そこで、彼の存命中に出版された単行本と、没後に出版された全集だけをよりどころにして、シェイクスピアの校訂本がイギリスでは18世紀以降になってから続々と出版されるようになりました。その際、意味の通じにくい箇所は、印刷時の誤植だろう、と判断されて、さまざまな改訂(時には改ざん)が施されてきたのです。

さらに、外国語への翻訳もさかんになされました。日本では明治期以来、優れたシェイクスピア翻訳が重ねられてきましたが、例えば、悲劇『ハムレット』に登場する名せりふ“To be, or not to be, that is the question:”は、翻訳者によってそれぞれ以下のように訳されています。

「世に在る、世に在らぬ、それが疑問ぢゃ」(坪内逍遥訳)、「生か、死か、それが疑問だ」(福田恆存訳)、「このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ」(小田島雄志訳)、「生きてとどまるか、消えてなくなるか、それが問題だ」(松岡和子訳)。

芝居のせりふというものは、そもそも古典ギリシャ悲劇の時代以来、韻文で書かれてきました。つまり芝居といえばおしなべて詩劇(poetic drama)だったのです。シェイクスピアの劇も例外ではありません。彼の書いたせりふの約8割近くが「詩」の言葉で書かれています。韻律の妙味や言葉遊びなど、詩的な原文の味わいを完全に日本語に移しかえることは至難の業です。

後世の作家、翻訳者、演出家、俳優たちにより貪欲に取り上げられたシェイクスピアの作品は、上のような背景ゆえに多彩な解釈を生みだすことになりました。シェイクスピア作品に刺激されて生まれた小説、戯曲、芸能(歌舞伎、狂言、落語)、音楽、絵画などが数多く存在するゆえんです。多くのアーティストにとって、シェイクスピアとは、自己を表現するのに、それほど挑戦しがいのある芸術的コンテンツなのだと言えるでしょう。


あわせて読みたい

  • 『シェイクスピアを観る』(新書) 大場建治著(岩波書店:2001)。
  • 『本当はこわいシェイクスピア』(講談社選書メチエ) 本橋哲也著(講談社:2004)。
  • 『シェイクスピアのたくらみ』(新書) 喜志哲雄著(岩波書店:2008)。
  • 『シェイクスピアの世界』 ロブ・グレアム著、佐久間康夫訳(ほんのしろ:2008)。
  • 『心に響け、シェイクスピア-英語で味わう名せりふ』 佐久間康夫著(NHK出版:2009)。

プロフィール

文学部 佐久間康夫教授

文学部
佐久間 康夫 教授


研究