AGUインサイト 世界を読み解くコラム

「『音の世界』と『心理』とのつながり」 教育人間科学部 重野純教授



「音」と「心」を考える

 まずは下のそれぞれの「Play」をクリックして音を聞いてみてください。

60歳代 【Play】10000Hz 30歳代 【Play】16000Hz
50歳代 【Play】12000Hz 20歳代 【Play】17000Hz
40歳代 【Play】14000Hz

 どの音まで聞こえましたか?自分の年齢と見合わず、ショックを受けている人も多いかもしれませんね。聴力は年々低下していきますが、それには個人差があります。私たち人間は20Hz~20000Hzの音を聴く事ができるとされていますが、言葉は3000Hz前後ぐらいまで聞こえれば聞き取ることができます。電話も以前は3000Hzまでしか通さない仕組みでしたし、健康診断の聴力検査では、1000Hzから4000Hzの音域の中での検査となっています。8000Hzが聞こえれば、日常生活にはほとんど支障はきたさないと言って良いでしょう。

 なぜ、心を学ぶ「心理学」なのに、「音」についてお話しているかというと、そこには深い関係性があるからです。金属をこすり合わせて出る「キーン」という音を不快に感じたり、音楽によって不安な気持ちが和らいだり、元気になったり。普段の生活を振り返ると、「音」によって「心」が変化していることがお分かりになるでしょう。
 「音楽」が「心理学」の中で研究されるようになったのは、19世紀の終わり頃から20世紀の始めと言われています。しかし、古代から「音楽」を使って、病気を治すという流れがありました。ギリシア神話に出てくる「アポロン」という神様は、「音楽」と「医術」を司る神様とされ、その2つは密接な関係性をもっていると信じられてきました。しかしながら、当時は病気の原因など分からず、薬も未発達な時代ですから、音楽を聴いても本当に病気が治るということではありません。「音楽」によって、精神的に痛みや苦しみが和らいだ感じがすることを、経験的に分かっていたということです。その古代からの流れは、現代では「音楽療法」として発展を続けています。精神科病院はもちろん、アメリカでは80年くらい前から、非行少年らの更正のために音楽が使われるようになりました。
 それでは、このように人間の心に深い関係性を持つ「音」について、これからお話したいと思います。

「音」が「人」に与える影響とは

 言葉や音楽はもちろん、物の響きや動物の鳴き声など、様々な「音」の中で、私たちは生活していますね。「音」とは、空気の振動によってできる「波」であり、それが耳に届き、脳が音として認識しています。この音の波=音波は「1秒間にくり返される」周波数をHz(ヘルツ)という単位で表します。周波数が少ないほど音は低く、周波数が多いほど高音です。先にもお話しましたが、人間は20Hz~20000Hzの音を聴くことができますが、その範囲は動物によって異なります。

 私たちはある範囲の音を聴き、それを「音」と言っていますが、その範囲を外れたものも「音」であることには変わりません。聞こえない「音」も、日常生活の中で私たちに様々な影響を与えています。
 人間が聞ける音の範囲を超えた高い音を「超音波」といい、イルカやコウモリなどは、この「超音波」を知覚することができます。人間には聞こえない「超音波」ですが、様々なジャンルで人間社会に役立っています。例えば、石を砕いたり、病院では胎児や胆石の診断などを行ったり、また人が立ち入るのが危険な原子力発電所の炉や配管のひび割れなどの点検に使われたりしています。
 逆に、人間が聞ける音の範囲より低い音は「超低周波音」と呼ばれ、耳に圧迫感を感じさせたり、何となく不安を感じさせたりする音と言われています。100Hz以下の音は低周波音といい、高速道路の近くの住民が、何となく心理的苦痛を感じたり、体調がよくなくなったりするのは、高速道路から発する低周波音によると考えられています。音として聞こえなくても体や心への影響があるのです。

周波数

周波数は1秒間にどれだけ谷ができるかで表します。1秒間に3つの谷ができたら3Hzとなります。

動物が聴くことができる周波数の範囲
マバーン人とアメリカ人の聴力の比較

重野純著『聴覚・ことば』P40より

 人間を取り巻く音環境は、大きく変わりました。昔は「音」と言っても、自然界に存在する音や自分の歌声や口笛ぐらいで、現代のような大きな音を出す楽器やスピーカー、車や電車、ジェット機などもありませんでした。昔と比べ、音の種類も多くなり、音量も大きくなった現代に、昔の人がタイムトラベルしたらどうなることか、想像しきれません。右の図を見てください。現代でも電子機器に頼らず、また大きな音を立てることなく、日常生活を静かに暮らしているマバーン人は、アメリカのニューヨークに住む人と比べ物にならないくらい聴力がいいことが分かります。都会の音がどれだけ耳に負担なのか、そして耳にとって静かな環境がどれだけ重要なのかが分かりますね。


あわせて読みたい

  • 『キーワード心理学シリーズ2 聴覚・ことば』 重野純著(新曜社:2006)
  • 『音の世界の心理学』 重野純著(ナカニシヤ出版:2003)
  • 『言語とこころ』 重野純著(新曜社:2010)
  • 『キーワードコレクション 心理学 改訂版』 安藤清志・渡辺正孝・高橋晃・藤井輝男・山田一之・重野純・石口彰・浜村良久・八木 保樹:著(新曜社:2012)

プロフィール

教育人間科学部 重野純教授

教育人間科学部
重野 純 教授


研究