AGUインサイト 世界を読み解くコラム

コミュニケーション力の磨き方 国際政治経済学部 末田清子教授



日本人同士だからコミュニケーションは簡単?

近年、「コミュニケーション力」や「コミュニケーションの重要性」などということばをよく耳にします。

日本経団連が毎年発表している「新卒採用に関するアンケート調査結果の概要」によると、「採用選考時に重視する要素」として、「コミュニケーション能力」が10年連続で1位となっています。また、社会が急速にグローバル化する中で、英語を社内公用語にするという企業も増えています。「将来、グローバル社会において“国際人”として活躍したい」という目標をもち、外国語の習得に励んでいる人も多いことでしょう。

では、日本人同士が日本語でコミュニケーションを行うときには、良好なコミュニケーションが図れると思っていいのでしょうか?

ロサンゼルスに駐在経験のある日本人エンジニアから、こんなエピソードを聞いたことがあります。彼が駐在していた頃、コミュニケーションが最も難しいと感じたのは、現地の同僚や関連企業のアメリカ人と話すときではなく、むしろ東京の本社の人たちに日本語で連絡をとるときだったそうです。それはなぜでしょう?

その理由の1つとして、彼は「モチベーションの違い」を挙げました。アメリカ人の同僚は、彼の言うことを「理解したい」と真剣でしたし、彼自身も自分の考えを「伝えたい」と必死だったそうです。一方、東京本社の人たちとの間には「なぜ私たちの言うことをわかってくれないんだ」という思いがあったといいます。

なぜそのような違いがあったのでしょうか?そこには明らかに「同じ日本語を話し、同じ会社に勤めている日本人同士なのだから、当然わかってくれるはずだ」という前提があったのだろうと考えられます。それに対して、アメリカ人と英語で行うコミュニケーションでは「何とかして伝えたい」「わかってもらいたい」という思いが、モチベーションを高めたのかもしれません。

もはや、日本人同士が日本語で話すコミュニケーションは容易で、国籍が違う人と外国語でコミュニケーションするのは難しいと考えるのは、短絡的過ぎると言えるでしょう。

社会のしくみが複雑になり、価値観も多様化している現代の環境下では、国内外を問わず、自分とは異なる文化的背景をもつ人々と共存していくことが必要になってきています。そのためには、相手と共有する経験や情報について意識し、積極的な姿勢でコミュニケーションに臨まなくてはなりません。

では、豊かなコミュニケーションを行うためには何が必要なのか、考えてみましょう。

コミュニケーションとアイデンティティ

「コミュニケーション(communication)」という言葉の語源は、「共通項」を意味する「communicare」です。つまりコミュニケーションとは、当事者が共通項をつくり上げるプロセスなのです。

コミュニケーションのプロセスにおいては「3つのアイデンティティ」を意識することが大切です。

「個人的アイデンティティ(personal identity)」とは、あなたは誰ですか?と問われて、「私は末田清子です」「私は私です」と答える、社会的な役割に限定されない「個人」としての「私」を指します。

「社会的アイデンティティ(social identity)」とは、例えば、ある女性が家庭では「母親」、会社では「上司」、スポーツクラブでは「生徒」、海外に行けば、「日本人」であるように、ある社会・集団に所属し、その文化を共有しているという自覚を指します。

「超越アイデンティティ(superordinate identity)とは、あなたは誰?と問われて「私は地球人です」、「私は人類です」というような、コミュニケーションの相手と(ほぼ完全に)共通のアイデンティティを指します。

このように私たちは、さまざまな種類のアイデンティティを持って他者とコミュニケーションを行っています。

例えば、陳さん(中国人・男性・教育者)と鈴木さん(日本人・女性・学生)の2人がコミュニケーションを行っている場面を想像してみましょう。2人のアイデンティティは、コミュニケーションが行われている場や話題によって、「日本人と中国人」「教育者と学生」「陳さんと鈴木さん」など、さまざまに変化します。

図1は、これを図式化したものです。この球モデルは、それぞれが自転しながら、互いに向き合う面がどの部分になるかによって対照化されるアイデンティティが変化する様子を表しています。図1では、「教育者」と「学生」という社会的アイデンティティが対照化されています。しかし、別な場面では「陳」と「鈴木」という個人的アイデンティティが浮き彫りになるかもしれません。

このように、アイデンティティは固定的ではなく、相手や場面に応じて変化する流動的なものです。自分自身のアイデンティティの多面性を認識するとともに、相手のアイデンティティの多面性も理解することが重要です。

図1 : アイデンティティの球モデル

【出典】 『コミュニケーション学:その展望と視点(増補版)』 p.66 図4-2より


あわせて読みたい

  • 『コミュニケーション学:その展望と視点(増補版)』 末田清子・福田浩子著(松柏社:2011)
  • 『多面的アイデンティティの調整とフェイス(面子)』末田清子著(ナカニシヤ出版:2012)

プロフィール

国際政治経済学部 末田清子教授

国際政治経済学部
末田 清子 教授


研究