AGUインサイト 世界を読み解くコラム

「よりよいコミュニケーションを考える」 社会情報学部 高木光太郎教授



日本と中国の異文化コミュニケーション

家族や親戚、友だちや同僚など。私たちは様々な人間関係の中で生きています。家族や親友のように身近な人間同士でも、お互いをよく理解しているつもりでいたのに、相手を傷つける言動をしてしまったり、相手の言動に傷ついたり…。人間関係がギクシャクしてしまうという経験をしている人は少なくないはずです。

私たちはコミュニケーションを通して、人と人とのつながりを持っています。日本人として生まれ、同じような環境で育った日本人同士でも、コミュニケーションにズレが生じてしまうのであれば、「よりよいコミュニケーション」のために、私たちは一体どうすればいいのでしょう。「よりよいコミュニケーション」を考えるにあたり、まずは異文化間について、考えてみましょう。

私たちは日本とアジアの大学とで異文化コミュニケーションのプロジェクトを進めてきました。「異文化に生きる学生たちがお互いの『ズレ』を通して理解を深めていくこと」が目的のプロジェクトで、私たち青山学院大学は中国の北京師範大学と組み、学生たちに映画やストーリーを題材に議論してもらいました。

異文化コミュニケーションプロジェクトの流れ

映画「あの子を探して」は、代理教員となった少女・ミンジが、町に出稼ぎに行ってしまった子どもを連れ戻さないと、自分の給料が減ってしまうので、いろいろ策をめぐらせます。一方、ストーリーの中では、後輩が先輩にいくら給料をもらっているのかと尋ねます。

実際に中国の学生とコミュニケーションを始める前の準備として、日本の学生だけで映画について議論してもらいました。日本人にとっては「お金」の話はあまりストレートに話題にするものではなく、どちらかと言うと「汚いこと」というイメージがあるようで、学生たちの多くが「お金」に対する中国人の態度に疑問を感じます。しかし議論を重ねていくうちに、なぜ「お金」についてオープンに話すことがいけないのか分からなくなり、むしろ日本人がどうして「お金」の話をしないのか、疑問に感じるようになります。ここで学生たちは異文化について考え、議論することを通して自分の「あたりまえ」を揺さぶられる経験をするのです。

このあと中国での小さなストーリーについて、実際に日本の学生と中国の学生が何週にも渡り意見交換を積み重ねました。最初は相手の意見に強烈な違和感を感じて、それを意見として伝えますが、相手の反応に接しているうちに、自分の「当たり前」が揺らいできます。さらにコミュニケーションを続けていくと、今度は相手の考え方のほうが「正しい」のではないかと思えてくる。でも何か「釈然としない」ところがある。授業では、異文化について安易に「分かる」のではなく、こうした「分かるけど納得できない」という感じを大切にしました。

相手を「他者」だと思う大切さ

異文化コミュニケーションを考えるとき、この授業で学生が経験したような「違和感」や「分かるけど納得できない」という感じがとても重要なのではないかと考えます。異文化間でコミュニケーションするときは、相手の考え方や行動にズレや違和感を感じながらも、どこかに接点を探し、対話を続けようとすることがどうしても必要になってくるからです。つまり相手を「他者」だと思いながらコミュニケーションすること。「違う世界で生きているのだから、自分たちが予想もしないことをするだろう」という前提を持ちつつ、相手を理解するための努力を続ける。それでも違うから「ズレ」てしまうが、関係を生み出せるポイントを探してまた理解を試みる。こうした態度は、私たち日本人が地理的に遠い国、例えばアフリカの人たちとコミュニケーションするときには比較的持ちやすいかもしれませんが、同じ「アジア」にいる中国人や韓国人では、どうでしょう。近い地域だから「当たり前」を共有していると感じ、同じだという前提でコミュニケーションをすすめがちではないでしょうか。

日本と中国の経済やビジネス上でのトラブルは、このような価値観や関わり方の違いをめぐるコミュニケーションが機能せず、お互いに自分の「当たり前」に縛れていることに原因があると指摘する研究者もいます。日本も中国も、それぞれ自身のモノの見方が当たり前という前提でコミュニケーションをとり、本当は違う見え方をしているのに、そのことに気がつかず、かみ合っていると思いがちでいること。そしてお互いに気を使っているつもりが、気を使う仕組みが全く違うのでぶつかってしまう。距離感が近ければ近いほど、修復が難しくなり、様々なトラブルを生んでしまうのではないかという見方です。


あわせて読みたい

  • 『ディスコミュニケーションの心理学 ズレを生きる私たち』 山本登志哉 高木光太郎編著(東京大学出版会:2011)

プロフィール

社会情報学部 高木光太郎教授

社会情報学部
高木 光太郎 教授


研究