AGUインサイト 世界を読み解くコラム

健康のための課税は、どれだけ効果があるのか 国際政治経済学部 内田達也教授



健康のための課税は、余計なお世話!?

 昨今、健康増進のための課税が国際的に話題になっているのをご存知ですか。
 ハンガリーでは、塩分や糖分の高い食品に課税する、通称「ポテトチップス税(ポテチ税)」が2011年9月に施行されました。またデンマークでは、バターやチーズ、牛乳などの乳製品、また肉類や食用油、加工品などに「飽和脂肪酸」が2.3%以上含まれる場合、その飽和脂肪酸に対して課税する「脂肪税」が2011年10月から施行されています。アメリカでも甘い飲料に税金をかける「ソーダ税」が各州で導入され、議論をよんでいます。
 このような「ポテトチップス税」や「脂肪税」、「ソーダ税」は、「健康増進」そして肥満から起こる疾病の「医療費の抑制」のための課税と言えるでしょう。

 こうした課税は、長寿国で肥満率が低い日本では、すぐに導入されることはないと思われます。しかしながら、メタボ検診も導入されましたので、将来は人ごとではないかもしれません。また、新しい財源として狙われやすいという側面もあります。
 このような「健康増進」や「医療費の抑制」のための課税として、同じ線上で考えられるのが「たばこ税」です。たばこの価格は、欧米諸国に比べれば、日本は格段に安いのですが、ここ10数年のうちに、たばこの増税は何回も繰り返され、20年前に比べれば、たばこの価格は2倍相当になっています。

「たばこを吸って不健康になるのは、自分の責任だ。余計なお世話だ」という人も確かにいるでしょう。しかしながら「余計なお世話」ですまされない側面もあります。経済学では「外部性」と呼んでいますが、喫煙者の周りにいる人への影響(受動喫煙)もありますし、また、たばこは疾病の確率を高めるので、それによる医療費の増加などは国民全体にかかってくる問題でもあります。「個人が健康を害して、医療費を高く払い、早死にする」というような自己完結するような問題であれば、全然構わないでしょう。ただ、そうではない側面もあるということです。

 それでは、たばこ税が増税されることによって、「健康増進」や「医療費の抑制」に、本当に効果があるのかどうかということを経済学的に考えてみましょう。

「たばこを吸う」ベネフィットとコストは?

「経済学」では、人々の意思決定や行動を変化させる誘因、すなわち「インセンティブ(incentive)」をたいへん重要視します。インセンティブを決定するのは、人が選択によって得られる「ベネフィット(benefit=便益)」と、そのことであきらめなければならない「コスト(cost=費用)」です。

 たばこを吸うことの「ベネフィット」と「コスト」はなんでしょうか。ベネフィットは「たばこを吸ったときの気持ち良さ」ですね。一方「コスト」は、たばこを吸うことによってあきらめなければならない「健康」や「たばこを買うお金」です。「たばこを吸う」という行為を選ぶことは、これらを比較したとき、「ベネフィット」が「コスト」よりも大きいことを意味しています。「増税」は、たばこを吸う事であきらめなければならない「コスト」を増やすことで、人々の「インセンティブ」の構造を変えてしまいます。

 価格の上昇がどれだけ消費者に影響があるかということを、経済学では需要の「価格弾力性」という概念で表します。これは「価格の1%の変動によって、ある製品の需要量が何%変化するかを示す数値」です。「1」が基準値となり、「1」より小さいと「弾力性が小さい」、「1」より大きいと「弾力性が大きい」と言います。価格弾力性が小さい場合は、価格を変更してもほとんど需要量は変化しませんが、価格弾力性が大きい場合は、価格が変わると需要量が大きく変化します。価格弾力性が小さいものは必需品と言え、価格弾力性が大きいものは贅沢品と言っていいでしょう。

需要の価格弾力性

『クルーグマン ミクロ経済学』東洋経済新報社、2007、P135より作成


あわせて読みたい

  • 『トピックスで学ぶ経済学』 内田達也、友原章典(著)

プロフィール

国際政治経済学部 内田達也教授

国際政治経済学部
内田 達也 教授


研究