メインコンテンツへ

研究所紹介

青山学院大学の研究所や社会連携機構をご紹介いたします。

研究所

総合研究所

本学の教育・研究と有機的に連携し広く学術を統合して共同研究の組織化を応援、推進しています。

情報メディアセンター(AIM)

情報環境に係る施設、設備等の企画・導入及び管理運用に加え、ICTを活用した授業の支援や情報基礎教育の実施などを行っています。さらにこれらの活動を行うために必要な情報技術やICTの教育への活用に関連する最新動向に関する調査や研究を実施しています。

社会連携機構

社会連携機構は、地域社会、国際社会、内外の行政組織・諸団体、企業、他大学等の学外諸機関との連携協力により、自らの教育研究活動を展開し、現代的な課題及びニーズに関わる諸事業の実施を通して、広く社会に貢献することを目的としています。なお、本学では、研究環境の大きな変化に対応し、今後は、新しい組織のもとに、よりいっそう強固な研究基盤の構築に向け、総合的に見直しを進めております。

従前より、この機構には、社学連携研究センター、WTO研究センター、ヒューマン・イノベーション研究センター、国際交流共同研究センター、アジア国際センター(以上、2017年3月現在参考)が置かれており、様々な活動を行ってまいりました。

センター

理工学部附置先端技術研究開発センター

科学技術の発展における私立大学の重要性の認識から文部省によって創設された事業で、充実した研究施設のもと、「世界をリードする研究」・「外部に開かれた研究」を基本理念として、選定された研究プロジェクトに対してハードとソフトの面から支援を行います。

理工学部附置機器分析センター

分散された大型機器等を集中管理し、学内外の共同研究を推進すると同時に機器による分析および分析技術の研究等を行っています。

FAQ研究についてよくあるご質問を掲載しております。

研究