メインコンテンツへ

情報メディアセンター(AIM)

情報メディアセンター(AIM)は、情報環境に係る施設、設備等の企画・導入及び管理運用に加え、ICTを活用した授業の支援や情報基礎教育の実施などを行っています。さらにこれらの活動を行うために必要な情報技術やICTの教育への活用に関連する最新動向に関する調査や研究を実施しています。

情報メディアセンター(AIM)概要

名称

青山学院大学附置 情報メディアセンター(略称:AIM)
Aoyama Gakuin University Institute of Information and Media

所長

宮川 裕之
所長あいさつ

教員

教員紹介(2016年4月1日現在)

組織

組織図

沿革

お問い合わせ

青山キャンパス
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 2号館1階
電話番号:03-3409-7850

相模原キャンパス
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1 B棟4階
電話番号:042-759-6047

情報環境に係る施設、設備等の企画・導入及び管理運用

教育研究システム

PC教室、授業支援システム(LMS)、動画配信システム、オンデマンドプリントシステム、仮想サーバーの貸出しなどの「教育研究システム」を運用しています。

基幹ネットワークの運用

相模原キャンパスからSINET経由でインターネットへと接続しています。高速なキャンパス間ネットワークを利用した遠隔授業やTV会議環境も充実してきています。2014年度からは、無線LAN接続環境もさらに拡大しました。今後もさらに充実したネットワーク環境の提供を目指します。

ICTを活用した授業の支援

ICTを活用した授業の支援として、授業やイベントでの映像収録・動画配信のサービスや、LMSなどの授業支援システムの講習会の開催などを行っています。

情報基礎教育の実施

2003年度より、情報基礎教育として「IT講習会」を実施しています。IT講習会では、学生によるITアシスタント制度(IT-A)を導入し、新入生のための情報スキル教育を、大学における基本的な学習形態である自学自習形式で行っています。また2012年度からは、より発展的な内容を扱う「情報スキルⅡ」を、前後期にわたり青山スタンダード科目として開講しています。情報スキルⅡは、IT講習会で習得した情報スキルを、さまざまな場面で活用できるようなスキルの習得を目的として実施しています。

研究

センターのさまざまな活動を行うために必要な情報技術やICTの教育への活用に関連する最新動向に関する調査や研究を行っています。また学部学科と共同で研究を行う「教育研究支援プロジェクト」も行っています。

研究