メインコンテンツへ

研究体制・研究成果・情報の発信

青山学院大学総合研究所の研究体制・研究成果・情報の発信についてご紹介いたします。

研究体制

研究活動は各研究部門各研究部におけるプロジェクトにより実施されます。プロジェクトの体制は、受託研究、学内外との共同研究、学内公募から選抜された自由な研究テーマによる研究、研究所が特定の研究テーマを設定して研究者を募集する研究等、短期長期にわたる様々な形で研究活動を行うことができます。

研究成果

研究成果は、総合研究所からの刊行物、学会発表および市販本の発行、研究活動期間中の講演会、シンポジウムなどにより随時公表し、さらにコンソーシアムの形成等その成果を広く社会に還元していくことを目指しています。

情報の発信

青山学院大学総合研究所のサイトにて、組織紹介、諸規則、プロジェクト募集要項などの基本情報から、現在活動中のプロジェクトのトピックス、学会発表やシンポジウム、刊行物の告知など、オンタイムの情報までお知らせしています。

定期刊行物としては、年一回発行の研究活動報告書『総合研究所報』や研究所のニュース、特定のテーマに関する各分野の研究者からの寄稿、研究余滴などを読みやすく、親しみやすい形態の広報誌『NEWS SOKEN』を適宜発行し、広く情報を提供しています。

NEWS SOKEN

研究