TOP

外部資金獲得・産官学連携

科学研究費助成事業

科学研究費は、人文・社会科学から自然科学までのすべての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を各段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビュー(専門分野の近い複数の研究者による審査)による審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

詳細は研究推進部Webサイトをご確認ください。

共同研究・受託研究

共同研究

「共同研究」とは、本学が本学外の組織(以下「共同研究組織」という。)から研究者、研究に要する経費(以下「研究費」という。)等を受け入れて、本学と共同研究組織が特定の課題について分担して行う研究をいう。(青山学院大学共同研究規則第2条)

受託研究

「受託研究」とは、本学外の組織(以下「委託者」という。)から研究、試験、調査等の委託を受けて本学が実施する研究のうち、研究に要する経費(以下「受託研究費」という。)を委託者が負担するものをいう。(青山学院大学受託研究規則第2条)

詳細は研究推進部Webサイトをご確認ください。

研究助成

財団・民間等を含む研究助成への応募について支援を行っております。

詳細は研究推進部Webサイトをご確認ください。

指定寄付

詳細は研究推進部Webサイトをご確認ください。

産官学連携ポリシー

青山学院大学は、青山学院スクール・モットーである「地の塩、世の光」として、本学の理念に基づき、研究活動の成果を社会全体の利益に還元するために産官学連携を推進致します。

  • 01.組織的に産官学連携を推進し、本学の研究内容および研究成果を速やかに国内外に発信し、地域社会・国際社会の課題解決、持続可能な社会の構築に貢献します。
  • 02.キャンパスの立地する東京都渋谷区、神奈川県相模原市をはじめとして、国内の地方公共団体や企業・経済団体等、大学、さらには国際的な連携を強化します。
  • 03.研究者間の協力体制強化、共同研究、委託研究などを積極的に推進するために研究活動支援体制整備するとともに、産官学連携を通じて「地の塩、世の光」として社会に貢献する若手人材の育成に積極的に取り組みます。
  • 04.産官学連携に関する法令、本学の規則等を遵守して行動します。また、研究倫理研修等の充実を図ります。
  • 05.連携にあたっては相互の知的財産を尊重するとともに産官学連携により知り得た情報等の秘密保持に対する管理体制を充実します。