メインコンテンツへ
「わが母校、青山学院」〈黒沼アド・グル〉

黒沼 健 教授
経済学部
黒沼 健 教授
 本アド・グルのキーワードは「わが母校、青山学院」。主に第二部の学生を対象として、母校への帰属意識を高めてもらうための活動を展開しています。日常の活動は毎週金曜日夜7時半~8時までの30分間、総研ビル地下のカフェテリアに都合が付くメンバーが集まり、自由に雑談を楽しんでいます。その中で共通の話題に話が弾んだり、誰かが抱えている問題にみんなで取り組んだりすることで、メンバーが共通の時間と空間を持てるようにしています。
 また、メンバーの自己実現=「何かをやりたい」思いのサポートも行っています。以前、ほんの数人でビデオ作品を作り、青山祭に参加できた時の喜びは今でも忘れません。
 第二部の学生にもキャンパスライフを楽しみたいと考える人は多いのですが、実際は時間的にもなかなか難しく、そんな彼らがアド・グルの仲間と少しでも学生生活を楽しんでくれたらと願っています。メンバーに30~40代の社会人が加わると、その影響を受けた10代の新入生たちが急速に成長するのですが、それも第二部ならではの喜びといえるでしょう。
 さまざまな思いを抱き本学に入学してきた学生たちですが、卒業時には心から「青学で学ぶことができて良かった!」と思ってもらいたい……そのために、折に触れて、私自身も学んだ母校・青山学院がどのような学校なのかを話し聞かせ、母校愛を伝えていきたいと思っています。
ページトップへ