メインコンテンツへ
2008年度青学の入試が変わる!新しい入試の変更ポイント

2008年度の入試改革は、青山学院大学開学以来、もっとも大規模な入試改革といえるでしょう。主な変更点とその内容について解説しましょう。詳細については、HP「入試・入学案内」をあわせてご覧ください。

--------LINK--------

2008年青学の入試が変わる!
副学長(学務・学生担当) 仙波 憲一


2008年青学の入試が変わる! 新しい入試の変更ポイント
広報入試センター入試課長 矢口 和男

矢口 和男
広報入試センター入試課長
矢口 和男
「一般入試」の主な変更点

学科同時エントリー方式(国際政治経済学部)
 近年、AO入試など新しい入試制度を積極的に導入している国際政治経済学部は、2008年度入試でも「学科同時エントリー方式」という新制度を実施します。これは学部版の「統一入試」で、カリキュラムやコース選択において学科を超えた学びを実現しているこの学部にふさわしい入試といえるでしょう。
 「学科同時エントリー方式」では、受験生が第1希望から第3希望までの学科順位をそれぞれ決めて、出願時に登録。「外国語(英語)」「地理歴史または公民」の学科共通問題による試験後、合格者のうち成績上位者から第1志望学科への合格者を決めていく方式で、合格ボーダーライン上の受験生は、第2、第3志望の学科に決まる場合があります。
センタープラス方式(法学部・理工学部)
 本学独自の「個別学力検査」と「大学入試センター試験」の科目の総合点で合否を判定する方式です。個別学力考査の教科・科目や大学入試センター試験の利用科目は、学部・学科によって異なっていますのでくれぐれも注意してください。

「大学入試センター試験利用入試」の主な変更点

文学部で初めてセンター利用入試導入
 従来、文学部では大学入試センター試験利用入試を実施していませんでしたが、2008年度に「フランス文学科」「史学科」の2学科で導入することになりました。
後期日程を新設(法学部・経営学部・国際政治経済学部・理工学部)
 法・経営・国際政治経済の3学部では4教科、理工学部では5教科で実施。国公立志望の受験生が、本学を受験するチャンスが広がります。

「新設学部・学科」の入試について

 経済学部に新設される「現代経済デザイン学科」では、一般入試A・B方式以外に、初年度より3教科・4教科型(いずれも「数学」を含む)の大学入試センター試験利用入試を行います。  総合文化政策学部・社会情報学部の入試に対する考え方については、前頁で仙波副学長が解説されていますので、ぜひお目をお通しください。
 なお、新学部・新学科の2009年度以降の入試に関しては、方式や試験教科等を変更する可能性もありますのでご注意いただきたいと思います。
 今回の入試改革によって複数出願がしやすくなっており、多くの受験生の方にとって大幅に受験のチャンスが拡大しています。身近に大学受験を控えた受験生がいらっしゃる在学生やご父母の皆さまには、ぜひ今回の入試改革についてお伝えいただければと思います。
ページトップへ