メインコンテンツへ
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科主催「青山MBA特別フォーラム-ビジネススクールで何を学ぶか?」 を開催

 10月20日(土)に大学院国際マネジメント研究科主催の「青山MBA特別フォーラム」が、アイビーホール青学会館(3階ナルドの間)で開催されました。“ビジネススクールで何を学ぶか?”をテーマに、基調講演とパネル・ディスカッションとの二部構成でイベントは進行。定員150名の事前予約に対し、定員を超える数の問い合わせがあったことからも、ビジネススクールやMBAに対する、世間の関心の高さを知ることができます。

 フォーラムは、国際マネジメント研究科長高橋文郎教授の挨拶で開会。第1部の基調講演には、国際マネジメント研究科の飯塚敏晃教授と、株式会社エイテッククマヒラ代表取締役の熊平美香氏が登場しました。
 まず壇上に立った飯塚教授は「日本のビジネススクール、アメリカのビジネススクール」のテーマで講演。日米両方のビジネススクールで教鞭を執られた経験から、日本とアメリカにおけるビジネススクールの現状や在り方を比較し、それぞれのメリット・デメリットを分かりやすく説明されました。そのうえで、青学の国際マネジメント研究科が、MBAの本場アメリカと比べても遜色のない学びの環境を提供していることを力強く宣言し、講演を締めくくられました。
 続いて、各種企業へのコンサルティング業務を中心に展開されている熊平氏が壇上に立ち、「ビジネススクールはキャリア形成にどのように役立つか?」をテーマに、自身の体験談を披露。金庫の製造メーカーで知られるクマヒラを家業に持つ環境に生まれ、実際社員として入社しながらも、業界の将来に不安を抱き、自ら「経営」を学びたいとハーバード大学のビジネススクール行きを決意された経緯や、その経験から得たことが現在も大きな力となっていることなど、興味深い話を伝えていただきました。


 第2部のパネル・ディスカッションには、国際マネジメント研究科の松浦祥子教授司会のもと、4名の同研究科MBAコース修了生がパネリストとして登場。MBAを取得することの意義、仕事と学問の両立の苦労など、それぞれの経験から得た貴重な意見が、活発に交換されました。途中、時間にゆとりが生まれ、会場からの質問にも回答。ビジネススクールやMBAの現状について知りたいと会場に集まった方々にとって、有意義なイベントとなったはずです。
ページトップへ