メインコンテンツへ
理工学部化学・生命科学科 福岡 伸一教授が、第29回「サントリー学芸賞」を受賞



 理工学部化学・生命科学科福岡伸一教授が、第29回「サントリー学芸賞」を受賞し、2007年12月11日(火)、東京会館において授賞式が行われました。この賞は、広く社会と文化を考える独創的で優れた研究、評論活動を、著作を通じて行った個人に対し贈られるもので、福岡教授の著書『生物と無生物のあいだ』(2007年5月刊行 講談社新書)は、「政治・経済」「芸術・文学」「社会・風俗」「思想・歴史」の4部門のうち、「社会・風俗」部門での受賞となりました。
 作品では、「生命とは何か」という問いに対する著者の考えが、著者自身の体験談や天才科学者たちの思考の紹介を交えながら述べられています。

●福岡教授の受賞のことば
 この本を書くにあたって、まず考えたことは、教科書はなぜつまらないか、ということです。教科書がつまらない理由、それはすべての知識を事後的に整理しているからです。そして、なぜそのとき、その知識が求められたのかという切実さが記述されておらず、誰がどのようにしてその発見に到達したのかという物語がすっかり漂白されてしまっているからです。
 そこで私は、この本を新しいスタイルで書いてみようと思い立ちました。自分が生物学を理解してきたプロセスのなかで気がついたことを体験として語ればよい、そのいちいちを、自分の内部の時間の流れとして記述すればよいのだ、そう思いついたのです。
 その試みは、もちろん本書では、実験的なものにとどまっています。しかし、私にできることはそれを継続していくことだけなのだということも分かったのです。
 このたびは、栄えあるサントリー学芸賞をいただいたことと、「理系の本は売れない」「売れた本は賞がとれない」といった出版界のジンクスを破り、多くの読者に支持していただいたことを、たいへん喜ばしく思っております。ありがとうございました。
ページトップへ