メインコンテンツへ
青山学院とマイクロソフト(株)が、「学校経営力の強化」と「国際競争力のある人材の育成」を目指して産学協同を発表

 2008年12月1日(月)、本学の総研ビル11階において、松澤建青山学院理事長、樋口泰行マイクロソフト株式会社代表執行役社長をはじめとする双方の関係者が出席するなか、青山学院とマイクロソフトが、学校経営力の強化と国際競争力のある人材育成を目指し、産学間で協同していくとの主旨の記者会見が行われました。
 従来より本学院では、マイクロソフトと契約を交わし、教職員や学生が、同社の最新ソフトウエアを活用できる環境が整っていますが、今回はCRMや仮想化など、さらに先進的なシステムを国内最大規模で導入。学校経営の効率化や学生の学習・指導計画等におけるその効果を、本学院とマイクロソフトが協同で検証してまいります。
 今回の産学協同で効果が検証される内容は、大きく分けて以下の4つです。

  1. マイクロソフトのコミュニケーションツールを、在学生とその保護者、卒業生、教職員など、世界最大規模となる15万人に提供。海外の学校とのコミュニケーションにも活用することで、国際交流を加速
  2. マイクロソフトの企業向け顧客管理システムを、在学生や卒業生の情報管理に活用することで、個々の在学生に合わせた学習・指導計画により在学生の学力向上を、最適なコミュニケーションの実現により青山学院のブランドイメージの向上を目指す
  3. 初等部から大学・大学院までの在学生のアカウント管理を、マイクロソフトの情報管理基盤に一元化することで、在学生の利便性向上と、IT管理者の負担軽減を実現
  4. マイクロソフトのアプリケーション仮想化技術を、国内最大規模となる計3,000台からなるシステムに導入し、多言語・複数バージョンのアプリケーションをスムーズに利用できるようにすることで、留学生のPC利用や、海外の学生との交流を活性化

 それぞれの取り組みの詳細、および松澤理事長の記者会見での挨拶を紹介します。

1.マイクロソフトのコミュニケーションツールを、在学生とその保護者、卒業生、教職員など、世界最大規模となる15万人に提供。海外の学校とのコミュニケーションにも活用することで、国際交流を加速
 マイクロソフトの教育機関向けコミュニケーションツールを、2009年4月から、まずは青山学院の教職員と青山学院大学の在学生の計3万人を対象に提供します。そして順次その対象を幼稚園、初等部、中等部、高等部、女子短期大学、大学院の在学生とその保護者に拡大。さらにオープンキャンパスの参加者や、青山学院の卒業生の組織である青山学院校友会にまで広げることにより、世界最大規模となる15万人が活用するツールとなることを目指します。
 なお、このコミュニケーションツールは、メーリングソフト等を介して、利用者がパソコンや携帯電話から、電子メール、連絡先、カレンダーなどの情報にアクセスでき、迅速かつ円滑なコミュニケーションが可能となります。また、すでに全世界80カ国以上、数千校で利用されている実績があるため、将来的には青山学院の関係者だけでなく、海外の学校との交流にも活用できる可能性を秘めています。

2.マイクロソフトの企業向け顧客管理システムを、在学生や卒業生の情報管理に活用することで、個々の在学生に合わせた学習・指導計画により在学生の学力向上を、最適なコミュニケーションの実現により青山学院のブランドイメージの向上を目指す
 マイクロソフトで企業向けに提供している顧客管理システムを、今回初めて教育機関において活用します。具体的には、2009年6月から青山学院校友会向けのシステムとして利用をスタートし、その後、対象を幼稚園から大学・大学院までの在学生にまで順次拡大。在学生や卒業生一人ひとりのデータを集積、活用できるよう一括管理することで、各学校からの情報提供が効率的に行えるようになります。
 こうした在学生の入学時からのすべてのデータを一元管理することで、過去の情報を参考に、より効果的な学習・指導計画を個々の在学生に応じて提供できるほか、それらがもたらす学力の向上は、青山学院のブランドイメージの向上にも寄与すると考えられます。

3.初等部から大学・大学院までの在学生のアカウント管理を、マイクロソフトの情報管理基盤に一元化することで、在学生の利便性向上と、IT管理者の負担軽減を実現
 従来、初等部から大学・大学院までのそれぞれにドメインを立てて、在学生のアカウントを管理していたものを、マイクロソフトの情報管理基盤に一元化。在学生のドメインをひとつに統合することで、認証作業が1回で済み、他のシステムとの連携や移行をスムーズに行うことが可能となります。そのため、在学生がシステムにアクセスする際の利便性が向上。さらにIT管理者の負担軽減も期待できます。

4.マイクロソフトのアプリケーション仮想化技術を、国内最大規模となる計3,000台からなるシステムに導入し、多言語・複数バージョンのアプリケーションをスムーズに利用できるようにすることで、留学生のPC利用や、海外の学生との交流を活性化
 2009年4月より、マイクロソフトのアプリケーション仮想化技術を、青山学院大学と女子短期大学のシステム計3,000台に導入します。この最新技術の導入により、多言語・複数バージョンのアプリケーションを同時に利用できる環境を実現。同一のアプリケーションにおいて言語やバージョンが異なることにより発生するさまざまな問題を解消できます。また、アプリケーションの仮想化によって、最適な言語・バージョンのアプリケーションを、必要とする人にスムーズに提供できるため、学習・研究時に、より快適にパソコンを活用できることはもちろん、留学生のパソコン利用や、海外の学生との活発なコミュニケーションなどにも大きな効果を発揮します。


樋口泰行マイクロソフト株式会社代表執行役社長(左)
松澤建青山学院理事長(右)

学校法人 青山学院 理事長 松澤 建
 青山学院では21世紀の青山学院のあるべき姿、進むべき道を明らかにするために、2006年11月に「アカデミック・グランドデザイン」を策定し、その具体化に向けて全学的に取り組んでおりますが、その重要な柱の一つとして「国際的教育研究ネットワークの構築」を掲げており、2009年のネットワーク更新を目指し、2007年6月に「青山学院次期ICT戦略策定委員会」を設置いたしました。今回その一環として、マイクロソフトのテクノロジやソリューションを全学的に導入するとともに、様々な分野で協同していくことにしました。少子化により多くの入学志願者を確保することが難しくなるという学校経営力の問題、国際的な調査において日本の国際競争力が年々低下してきているという教育の質の問題は、日本のすべての教育機関が抱えている共通の課題です。青山学院とマイクロソフトの協同が、学校経営力の強化と国際競争力のある人材の育成に寄与することで、日本の他の教育機関に勇気を与えられるような先進的な事例となれるよう、進めてまいります。
ページトップへ